Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]子どもに必要な年齢別生活技術、教えるべき敵機は?

/
/
/

子供に靴ひもを結ぶことから一人で風呂に入って服を着る法など生活の中で重要な技術を教えるべき時期は、それぞれいつなのか? また、子供の成長の重要な時期がいつなのかどのように知ることができますか?

子供それぞれ違いがあり、性速度が異なりますので、すべての子供に一つの基準を提示することはできない。

子供に生活の技術を教える少ないがいつなのか知ることができる方法があるか? 専門家が説明する子供の年齢別生活技術を見てみましょう。

子供に生活の技術を教えることができる年齢別ガイドライン

子育て情報専門媒体ファミリーエデュケーションドットコムによると、子供たちは年齢別に習得しなければならな生活の技術がある。 2〜10歳までの子供たちが学ぶべき推奨生活技術を見てみましょう。

1. 2〜3歳:この時期の子供たちは、歩いて話すことを既に慣らしたもの。 つまり、小さな体で行うことができる基本的な生活技術を学ぶ準備ができてたという意味だ。 この年齢の子供たちは、家事を助けるには余りにも若いですが、自分のおもちゃを片付けたり、助けを受けずに服を着替えることができる。 また、少しの助けを借りて一人で洗っシダをすることができる。

2. 4〜5歳:4〜5歳に達すると、食卓を片付けたり、ペットご飯サイクル、外た服はクリーンアップできるなど、簡単な家事をすることができる。 補助用の車輪の自転車の乗り方や緊急電話をかける方法を教えてもいい。

3. 6〜7歳:小学校に入学する前の時期であり、独立して行うことができる生活の技術を学ぶために準備ができている。 つまり、親が見て見なくても一人でシダと税収をすることができ、自分の布団を整理することができ、基本的なサンドイッチを作る方法を教えてくれてもされる。 この時期には、補助用の車輪を離し自転車に乗る法一人の靴ひもの結び方を学ぶことができる。

4. 8〜9歳:この時期の子供たちは、小学校に入学して基本的なトレーニングを受けている時期であり、成長に重要な実質的な生活技術を学ぶことができる。 お金を管理する方法と、一人で洗濯する方法、公共交通機関の利用方法、持ち物取りまとめる法などを学ぶことができる。

5. 10歳以上:独立して変わらなければなら重要な時期だ。 この時期の子供たちは、一人で物を購入し、簡単な食事を作ることができ、家事を助けペットを守ることができる。

年齢別ガイドラインに従うことを重要であるか

専門家が提示する多数の年齢別ガイドラインがありますが、子供たちは準備ができていないとすれば無用の長物である。

それぞれの子供たちは、自分だけの成長率を持っている。 つまり、他の子供よりもやや遅れても、実質的な準備ができていない状態であれば、強制的には禁物である。 子供の自信に悪影響を与えるからである。

アリソン・ジェンバ児童教育学博士は、「親が子供に強要する代わりに、まず子供に特定の生活の技術を学ぶことが、自分がいるのか、学びたい心があることを聞いてみるのがいい」と説明した。

子供の人生の技術を教えることができる敵機はいつですか?

子供に特定の生活技術を教える少ない子供が準備ができていると言う時だ。 個人的な衛生管理や基本的な家事、着替えことなどは、子供の自立心の開発に重要である。 また、頭髪自転車に乗る方や一人で靴ひもを結ぶことも学ぶ必要がありますが準備ができていない状態で強制的にならない。

また、子供にとって重要な生活技術を提供することは必要だが、強制的にではなく、自信をつけてくれるのが先だ。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!