Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]子どもに適切な分かち合い概念を教える

/
/
/
▲ソース= Flickrの

分かち合いは面倒であるという言葉がある。 他の人と共有する行動は、幼い頃から学ばなければならない必須徳目である。

したがって、子供が子供の頃から料理でもおもちゃでも人形でも、他の人と共有する方法を教えなければならない。 分かち合いは、受信者もくれる人も満足して気持ちよくすることができる方法である。

子供に分かち合いの概念を教えるためのヒントは次のとおりである。

1.まず、子供に他の子どもや大人に何かを与えるように強要してはならない。 また、子供が利己的な姿を見せたし、体罰たり責めてはならない。 そうすれば、子供は親のルールに怒って分かち合いの良くない認識を持つようになる。

2.ものの統制権は、子供が持っているという事実を知らせてくれる。 例えば、子供が好きなおもちゃを友達と共有したくないと言うなら、そのおもちゃを子供たちが見ることができないところに置く。 その後、子供はすべて一緒におもちゃを持って遊ぶことがより面白いウリラヌン気がするとき、自分のおもちゃを共有することができる。

3.子供が他の子供たちに分かち合いを「要求」しないように教える。 分かち合いは良いことだが、必須のものではない。 したがって子供は分かち合いにも限界と制限があるという事実を知っておく必要である。 例えば、他の友人がおもちゃを持って遊ぶ中であれば、その子の順番が終わるまで、子供が待つようにしなければならない。 また、子供たちに学校や友達の家に何かを持っていくというのは、そこにいる子供とその食べ物や物を分ける考えがあることを意味だと教えなければならない。

分かち合い、あるいは共有は非常に肯定的なことだが、限界がある。 自分の意志ではなく、他人による強制的に分かち合いをしてはならない。 これは、自分、愛に動かされ始める行動でなければならない。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!