Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]子供たちの経済観念育てには?親消費習慣、まず!

/
/
/

子供がほしいと思うたびに、スーパーで何かを買ってくれるか、誕生日やクリスマスなど特別な日ではないのに、様々なおもちゃを絶えずギフトた場合、子どもの経済観念に問題があること。 親の賢明な消費習慣が根底に​​ない場合は、子供が間違った経済観念を持たざるをえない。

以前に比べ、子供の数が少なく、豊かな生活を享受ので、子供は財政面を大きく感じられない場合が多い。 子供に絵本を読んでくれて数字を知らせるように、経済教育も必要である。 親が降るすべての決定が子供に模範にならなければならないというプレッシャーは、親と仕事を最も困難にする。

一般的に、経済教育を開始する時期に子供にお小遣いを与える、小学校入学後の思い浮かべるが、非常に幼い頃から経済教育を始めることができる。 経済的な富をどのように得るかについて確実な答えを得ることはできませんが、安定した財政状態を維持する方法とか子供たちにお金を効率的に扱う方法をどのように教えなければならするかについては、存在する。

しかし、その前に、親自身から間違いありませないことを確認する必要がある。 親の誤った消費習慣最初に確認しましょう。

1育児休業を計画していなかったか

すべてのものに計画をセウォノトヌンは常に重要である。 これはお金と関連付けられるからである。 出産後、突然収入が減って困っている親がいる。 出産休暇と育児休職期間に収入がどの程度かどうかを事前に把握し、育児休職の場合、有給がファクシルハンジまた知っておこう。 会社によっては有給育児休職を享受できないこともある。 また、子供が生まれる前から貯蓄をして財政状況を詳細確認しなければならない。 予期せぬ支出に心配したくない場合だ。

2不要なものにお金を使わないか

子供に最もよいものをあげたいのが親心ですが、たまには良い選択をしたりする。 ものを購入する前に不必要な支出がないかもう一度考えてみよう。 例えば、妊娠初期に子供服を複数着購入したりマタニティを事前に買っておくことも不必要な支出である。 いざ子供がその服を着る時期に季節上合わないことも、サイズが小さいか大きいこともある。 他の人気のおもちゃや育児用品をすべて購入する必要はない。 他の子供が好きだ子供たちも好きだろうと感じは誤算だ。 ▲教育▲健康▲校正などに投資することが、最終的に利益になる。

▲一部の親は時々不必要なものを買うことがある(出典=ピクサーベイ)

3過消費する習慣がないか

親として子供に経済教育をすることは非常に重要である。 宛書言ったように、親は子供に良い例がなければならないというプレッシャーを持っている。 親が手本になると、子供たちは親のアドバイスに従うことになるからである。

「私はしたようにしないと私は言ったようにして」というのは、子供には全く良いアドバイスではない。 財政に関して賢明な決定を下す行動が子供が親を心から尊敬して作成され、親の言葉をよりよく聞くことになる。 親が切除せずに過度にクレジットカードを使用して、商品を購入する姿を見て育った子供は、親の行動をそのまま真似して、過消費する習慣を持つようになる確率が高い。

4経済力に合わないように無理に書かないか

いくら生活の必需品のように見えても、家計の状況に合わせて消費することが重要である。 家貸付金と保険、通信費などの固定支出を除けば、純粋な生活費がどれだけ残るかどうか確認しよう。 生活費に合わせて食費、育児用品費、教育費などを適切に分配すること。 この時、他の家庭でどのようなおもちゃをたくさん買うか、塾をいくつかの送信される重要でない。 家庭ごとに家計状況がそれぞれ異なるため、子どもが最新のおもちゃを買ってもらうの群れを書い側に見えても、絶対的な予算を脱してまでおもちゃを買ってことは禁物である。

多くの中年は、現在自分が返済できる能力を超えて借金のために困惑を経験している。 だから無理にお金を使った場合、自分が悪い手本になることを忘れないでください。 常に、予算に合わせて生活しなければ、親の子供はすべて幸せになれることができる。

5お金の話を避けるか

お金について話をするのは珍しいことではなく、面白​​いテーマでもない。 しかし、親が子供にお金の話をするなら、お金を眺める子供の視点を健康に作ってもいいの消費習慣を養うことができる。

お金をテーマにした会話は早ければ早いほどいい。 多くの専門家は、子供にお金の価値について教えたりしたいことを買うために忍耐を持っている必要があることを知らせることはかなり重要な教訓になると言う。 子供が徐々に成長収録▲借金を負わない方法▲効果的な予算管理方法▲未来のための計画の話を共有するようにしましょう。

6子供が生まれる前の消費習慣をそのまま維持するか?

子供が生まれた以降は、従来の消費習慣を変えなければならない。 結婚前や新婚時は、収入のかなりの部分を流行に合わせて服を購入したり、新たに出てきた化粧品を買いヘアスタイルを変えるために費やしただろう。 あるいは高級レストランで高価な食事をしたこともある。

子供が生まれた後も、このような消費習慣をそのまま維持すれば、支出が耐えにならないこと。 粉ミルクやオムツ、子ども服など子供に入る支出項目が追加されるからだ。

もし海外旅行に行きたい場合は、普段の旅行積立を聞い年に一度の家族旅行に出かけよう。 結婚前の消費習慣をそのまま維持したら、財政問題を回避することができないだろう。

▲母親と子供(出典=ミリタリーワンソース)

7子供に簡単な家事をさせてお金を与えるか

子供にお皿を洗ったり、ゴミを捨てることをさせてお金を与えることはよくない。 子供がお金のために簡単考えることができ、簡単なことをしてもお金を容易に稼ぐことができるという期待感を与える。 もし子供にお小遣いをより与える場合、庭園を育てることをしたり、屋根裏部屋を掃除するなど、多少力がすることができることをさせるのが良い。 労働の価値を実現する絶好の機会となる。

8親の心配を子供に表現するか

子供は親を常に見守っている。 家の財政問題を経るときに子供を詳細に観察してみると、彼らは現在の状況を十分に理解しているという事実を知ることができるだろう。 した研究では、妊娠期間中に親がストレスを受けると、子供は生まれた後も、その影響を受ける結果を見せることもした。

親が財政的な問題で戦えば、子供は自分の責任があると考えて価値を貶めことになる。 あえて子供まで財政的にストレスを受ける必要はない。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!