Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]子供と「性」について話をする方法

/
/
/

子供は、周囲の環境のすべてが新しく、不思議で不思議である。 ため良くも悪くも続けて探検し、質問する。 人生の様々な複雑なことを最大限に簡単に説明してくれるのは、親の役割である。

子供たちは、常に気になることが多い。 その中のいくつかは、家族や周囲の人を観察して持つようにした疑問でもある。 子供がどのようなことがなぜ、そしてどのように起こるかについて疑問に思うことと、これをそのまま不思議に放っておいて通り過ぎてはならない。

子供の質問に可能な限り誠実に答えてくれたり、答えを見つけるように指導することは、親の重要な役割の一つだ。 親が教えてくれない場合、子供は誤った知識を事実として受け入れるか、決して愉快ではない経験を通じて傷受け、その答えを学んでいかなければならないかもしれないからである。

幼い時些細なすべてのものが気になる。 「クッキーはどのように作成するのですか?」と尋ねますが、時には「子供はどのようにできますよ?」と聞いて、親を当惑させたりする。 しかし、子供が聞いて来るまで待っていることは望ましくない。 幼い頃から子供が性の理解を築いていくことができるように準備することは、親の役割である。

また、子供に開かれた態度でこれらのトピックについて話してくれ、子供が気になることや話があるときに最初に探しに行くことができる人にならなければならない。

多分まだ「そのようなこと」について話をするには若すぎると思うかもしれない。 しかし、多くの親が見落としているのは、今目の前の子供がせいぜい4〜6年後に思春期に入っ者という事実である。 この時がされると、子供は親が教えてくれなかった複雑な問題を一人で悩んで解決しなければならない。

性的トピックについての話、どのように取り出さなければならか

子供との会話をしてみると性について話を交わすことができる場合が生じる。 子供がインターネットでこのトピックについての一人で検索するようにすることではなく、親が話をしてくれる方が良識ある判断だ。

もちろん、話を取り出すタイミングも重要である。 たとえば、映画やTVの性的行為が登場するときのように、子供に性や関係の話を自然に取り出し教育することができる瞬間が来たときに会話をすればよい。

また、私たち自身の限界を認識し、子供が受け入れることができるほどの情報だけを提供しなければならない。 最初は非常に基本的基本的な情報だけを提供し、子供が受け入れ吸収することができる内容だけの話ものの、時間の経過性の子供の理解が拡張されると、より多くの内容について会話を交わすように会話の地平を広げていく方が良い。

ウェブサイト「ポップシュガー(Pop Sugar)」は、性に対する率直な対話が子供に重要なことを教えてくれることができると言う。 このトピックについての開放的な態度であるほど、親と子の間の壁が崩れて、子供も親と会話交わすこと快適に感じる。 絹子供の頃だけでなく、思春期になってもだ。

健康情報専門媒体ヘルスズニュースドットコムでは、子供と性の会話時にしてはならない行動としなければならない行動をまとめて公開した。 まず、会話を分割する前に性の親、自分の価値観からしっかり確立されているかどうかを確認しなければならない。 親が性について見て態度や話をする方法は、最終的には子供がそのテーマについて持っている認識にも影響を与える。

次に、性の会話を開始するに最適の年齢はいつなのか? 専門家は、5歳前後を推薦する。 思春期がようやくあたふた開始ではなく、それが来る前に子供に思春期になると、発生する体の変化を説明する必要があるということ。

親は子供の質問に答えてくれて、子供が気になる点が生じたときに、すぐに探しに行くことができる人にならなければならない。 性というテーマをリラックスして心を開いてアクセスできるようにすることが重要である。 これにより、子供は親をさらに信頼になり、性的な関心が自然な現象であり、生活の一部という事実を認知する。

子供がより者であれば、性的自己決定権に加え、性交に続くことができる責任についても話すことができる。 性交と誰としなければならず、どんなふうに行われ、また、どのようなリスクがあるかなどを具体的に説明しなければならない。

ノースウェスタン大学ペインバグの過大ローラバーマン産婦人科助教授は「性的関係に責任が伴うことを理解しなければならない」とし「また、他の誰かの強要によって関係をしてはならないということも教えてほしい」と語った。

ウェブサイト「サイエコロジー今日(Psychology Today)」は、このような会話が重要な理由について「幼い年齢で親との対話を通じて価値観を確立した子供たちは、思春期になっても性について、より正確な理解をすることになる」とし「これら自分自身のための意思決定を下すことができる」と述べた。

子供たちは育っ出、花のように咲く。 この世界のすべてのものが初めての子供は、他のすべてのと同じように性もただ気にして知りたいだけだ。 親として、あなたの役割は、子供が価値観を確立することができるようにベースを固めてくれるものである。 後で大人になって自分で問題を解決し、答えを見つけるいくことができるようだ。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!