Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]子供にしつけない親たちは、なぜ?

/
/
/

すべての親の責任であり、逆境でもある養育。 しかし、子育ては、子供を正しく成長するように助ける役割をするのに必要な活動であって、子供にすべてのものを提供しなければならないという意味ではない。 時々子供が正しくなかったことをするときは、しつけを介して子供に自分がしたことによる結果を認識するようにする必要があります。 あまりにも寛大に接することは、むしろ後日親に後悔を生むことができる。

しかし、昨今の忙しい現代親は子供が誤ったとき手厳しく叱責していない傾向がある。 もちろん共働きが増え、子供のように時間を送信できないことに対する申し訳ない思いと、これに対する報酬として、物質的な豊かさを享受できるようにしてあげたい気持ちから来ていることができる。 親が子供を正しくしつけできない理由を調べてみよう。

私の子供、たまたま一度間違っただけだ?

子供たちが一部意図的に悪い行動をしたと思っている親は、実際には極めて少ない。 これが不必要に子供をホンネル必要がないということ。 もちろん、このような場合が発生する可能性がありますが、このようも子供に行動による結果を認識するように教育させることは重要である。

例えば、子供が誤って物を壊したり破った場合には、むやみに大声を怒ったり叱るのはよくない。 子供が意図的にしたことがないので、直接の責任は良くないからである。 しかし、だからといって、その状況をそのまま置くことも望ましくない。 むしろこの機会を子供に責任の概念を説明することができる学習時間とするのがよい。

つまり、意図的なミスがなくても、それによる結果を回避してもならないという意味だ。 この場合、子供に壊れたものを一緒に片付けうと提案するのが良い。 今後もこれこのような状況が同じように発生するという事実を認識させ、これに伴う適切な責任を負わなければならないということを見せていた大きな助けになる。 これらの時間を持たなければ、子供は自分の行動の完全な責任を認めないようにされる。

子供と一緒にする時間が短い?

職場では、ほとんどの時間を過ごす両親は職場で帰ってきた後、子供の顔を見るたびに罪悪感がするのだ。 そして子供に限りなく良いだけながら、自分が不在だった時間を相殺したいと思うもの。 これらの貴重な時間を子供のしつけでエネルギー消費への書き込み嫌な心である。

しかし、親として、これらの考えをすることは子供に良くない。 声を上げずに話を出さないともいくらでも子供にしつけすることができる方法が多い。 なぜ子供がした行動が正しくないか、どのような方法で子供の行動が修理できるかどうかなどを物静かしっかりトンに教えるものである。

例えば、最初に子供と一緒に座って、柔らかく穏やかが、同時にしっかりトンで子供に自分の行動がなぜ正しくないかについて説明してくれることができなければならない。 そして子供の行動のために傷ついた相手の立場に非常に貴重ことができるようする必要があります。 この瞬間、子供は自分の間違ったことを認識される。 そして、この短いが貴重な時間は、子供の価値観を成長させる過程となる。

子供の怒り姿、見たくない?

子供の行動のために、親がしつけている場合は、ほとんどの子供はやや暗いなることができる。 そして、実際に多くの親たちがこの部分を恐れている。 自分の子供が自分のしつけのために気分が低調になって怒っている出て怒りことができるという事実である。 これあらかじめ子供の感情を配慮して、柔らかく、感情的な側面だけでアクセスしようとしている。 しかし、このような環境は、子供の成長において良くない。 自分の感情を一番最初に優先することができる人になることがあるからだ。

親は下痢子供が親に叱られて気分があまり良くない場合でも、これを大幅に気にしてはならない。 子供の怒りは、そのしばらくだけだが、成長して大人になったとき、これらの部分を感謝して考える日が来るようになる。 子供も、最終的に成長し、結婚して子供を設けるのがされ、親と同じ経験をする瞬間を経験するものだから。 これ子供の気持ちに苦しむのではなく、自分の行動が子供を愛し、正しい人を作ろうとする目的で、出てきたという考えを持つことが賢明である。 親のしつけに持つことができる怒りはその瞬間であるが、これは一生子供の性格を形成するための正しい方法になることができる。

幼い時みんなジョロながら育つ?

一部の親は、子供たちがまだ未成熟し正しくない行動をすると考えられる。 そして子供が犯し問題を過小評価し、これらのことは、成長しつつあるなくなると勘違いする。 しかし、これは子供の行動に対処する適切な方法ではない。 もし、このような考えをすれば、子供がより敏感になる十代に達すると、さらに子供を扱い難しくなりことができる。

子供になぜ自分の行動が正しくないか、非常に深遠な詳細に説明する必要はない。 子供が理解できるレベルで説明しようと努力することが重要である。 実際にしたアンケート調査によると、回答者の80%以上が、子供をしつけるする主要目的処罰ではなく、正しく教えるためのものだと答えた。 ここで分かるように、子供を罰するか、恥ずかしいせず、子供の年齢に合わせて自分がしたことが、なぜ悪いのかを適切に説明してくれる方がいい。 そして、このような説明は、今後子供が他の人を気にせず、相手の心もある程度計り知れできるようにしてくれるだろう。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!