Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]子供にトイレトレーニングさせる

/
/
/

赤ちゃんは生まれた瞬間から、ゆっくりとすべてのことを学ぶ。 まず体を覆す方法を学び、座る法、立ち上がる法、歩く法、言うことを着々と学ぶ。 そして、一定の年齢になると、おむつを離し、自分のトイレに行って用を足す見ることを学ぶならない。 子供たちには全く新しい技術であり、これを教えるために親も忍耐を持って助けるべきである。

トイレトレーニングを始める時期

赤ちゃんはサラッとしてきれいなおむつの状態をウォンになり、自らの膀胱と腸の動きを調節することができる。 生後12ヶ月程度の赤ちゃんはますます夜間に糞を見ることを止めて、24ヶ月ぐらいになると、昼間に尿を覆う法を知ることになる。 36ヶ月程度になると、10人中9人の子供が日中大小便ミスをしない。 万4歳になると、ほとんどの子供たちは、自分でトイレを探しに行くことができる。

ほとんどの親は、子供が約24ヶ月程度になった時、トイレトレーニングを考慮する。 しかし、実際に年齢になったし、無条件にトイレトレーニングをさせてはならない。 まず、子供が準備ができてたのか、まず視野が求められている。 トイレトレーニングに最適な時期というのは、それぞれ異なっている。 そしてトイレの訓練が上達するまで6ヶ月以上かかる場合もある。 昼より夜のトイレトレーニングがより困難である。

子供がトイレトレーニングをする準備ができたのか調べる方法は次のとおりである。

1.あなたが子供のおむつを交換サイクル前の子供が最初におむつが濡れたか、汚れたことを知らせる。 いくつかの子供たちは、おむつに大小便を見た後、どこかに静かに隠れていることもある。

2.子供がトイレや便器の椅子に関心を見せて、その上に上がっていこうとする。

3.トイレを使用する基本的な方法を子供が理解できる。

4.子供が2時間以上のおむつに尿を見ずに我慢できたり、お昼寝を睡眠中におむつが乾いた状態に維持される。

5.子供がパンツを下に引っ張りながら脱げう行動をする。

通常18〜24ヶ月の幼児が、このような兆候をたくさん見せますが、2歳半から3歳までのおむつを着用することも珍しくはない。

トイレ訓練法

この時期の子供たちは、周囲の大人たちは、主に親の行動を見て、そのまま沿っている。 トイレの使用を最初に起動する子供は使い方に慣れていないので、子供が次第に慣れて作成することが重要である。 あなたがトイレに行くとき子供がついてくるようにして、あなたがトイレを使用する様子を示している。 子供が直接便器レバーを回すように教えることができる。

子供用トイレをトイレではなく、子供たちの目に見えるところおいてもいい。 例えば、リビングの片隅に子供用トイレを置いて、子供がその上に座って慣れるようにする。 毎時間半〜2時間ごとに子供がトイレにしばらく座っているように訓練する。

子供がトイレに座る法に慣れてくると、便や尿が瑪麗泣く便器に行くように教えることができる。 子供がトイレに行きたいと思うときにどの信号を送信するか、よく見てください。 よく遊んでいた子供が突然遊びを中断したり、表情が変わることがあります。

また、子供が食事をした後、しばらくの間、トイレに座っているようにする。 一般的に、子供たちは食事を終えて1時間以内に糞を見る。 子供がトイレの上で快適に休むように本を読んでくれたり、話を交わしながら糞を見るまで待てば良い。

▲写真出処:Flickrの

子供がトイレトレーニングを熟知したとしても大小便ミスをすることができる。 こういうときは叱らずにそのままミスルール処理すればよい。 子供たちは遊びに集中すれば、トイレの使用をか食べられる。 子供がトイレを使用するように継続して励ます。

他の親から学べ

親たちにそれぞれ異なるトイレ訓練法を使用したか、または使用しているものである。 あなたの親、あるいは周辺の他の親たちとトイレ訓練法についての情報を分けることができている。

一部の親は、子供がトイレに興味を見せ始めたとき、お風呂の前に子供が裸で歩き回るようにしながら、トイレの使用を教えてくれた。 子供が裸のときにトイレの使用に慣れてくると、徐々に下着を着た後、トイレを使用するようにして、後には上着まで全部処理された後、トイレを使用するようにした。 トイレを使用することは、単に大小便を見ることだけでなく、その前に服を脱いで、用便を見て、拭いたり、服を着ることまですべてを含むためである。

一部の親は、子供と一緒に下着とシャツ姿で一日を過ごし、毎時間ごとにトイレに行って便器に座るのゲームをしたという。 このように、子供がストレスを受けないようにしながら、トイレトレーニングを行うことができる。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!