Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]子供に予算立て方を教える

/
/
/

子供が十代のとすれば、経済観念を教える時だ。 たとえば、一度に数十万ウォンの小遣いを与え、6〜12ヶ月の間に子供が自分で予算を分け生活するように教えることができる。 十代の子供はそろそろお金のために責任を学ばなければならない。 最初は子供が予算立てること負担になって難しい感じだろうが、次第に適応である。

子供が自分で自分の予算を立てるように誘導することは子供たちに責任感を育ててくれる良い方法である。

週単位や月単位でお小遣いをくれるなら子供は短期間の予算を立ててお金を使い果たしてしまうので効果的ではない。 なぜなら、お金をすべて使っても、次の週、あるいは数日後、来月になると再び小遣いを受けることができるという事実を子供が知っているからである。 したがって、少なくとも6ヶ月以上の期間を置いて、子供が長期的な予算計画を立てるようである。 将来の支出を計画して貯蓄する方法を子供に教えることは非常に重要である。 これは、子供たちが財政的に安定した大人になるようにするための2つの重要な習慣であるからである。

また、このような方法で子どもは自信を持って生まれ、自分が本当にしたいよう目標、優先順位などを定める法律を学ぶ。

最初は子供に一度に多くのお金を与えることが、親として負担になって、そのお金を受け取る子供も負担になることができる。 また、6ヶ月の間、子供に必要な小遣いを策定することも難しい。 子供とお金の話を交わして貯蓄することを伝える必要があります。 そして子供が予算管理に失敗したとき、失敗した要因が何なのか自分で振り返ってみましょ作る。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!