Hit enter after type your search item
JP-Moontore

Discover the Magic of JP-Moontore: Where Memories are Made

[子育て]子供に恐怖を克服する方法を教える

/
/
/
471 Views

子供たちは若い年齢で、様々な感情を経験したが、これらの感情を適切に扱ったり表現しにくくする。 子供たちが克服しなければなら否定的な感情の一つは、恐怖である。 子供に恐怖に直面することができように教えることができる方法は、次のとおりである。

子供の感情を理解する接触

親は子供が恐怖や恐怖を感じたときは常に子供の味方になってなければならない。 子供が何を恐れているか知っていながら恐怖を無視してしまう親もいる。 どのような恐怖は、大人にとっては別の、非ように見えても、子供の立場では、十分な怖さを感じることができる。 いくら些細に見えるものでも、子供が恐れていることを理解しなければならない。

例えば、子供がハロウィーンの衣装に恐怖を感じた場合、子供に見えるのが本物ではないと言うより子供が恐怖を感じることを理解することが優先だ。 これにより、子供は自分の感情が本物であることを受け入れている。 親が子供の言葉に耳を傾けなければ子供は、自分の感情を表現しないようになるだろう。 恐怖を理解してくれれば、子供は自分が感じることを表現することができるようになる。

恐怖に直面するのに役立ちサイクル

一部の親は、子供が恐れているのは、無条件に避けなければならと教えもが、この場合、子供が感じる恐怖が完全に消えるわけではない。 また、恐ろしい状況を回避していない場合も起こるものである。

そのため、最善の方法は、子供が恐怖にゆっくり直面するのに役立つものである。 例えば本を怖がっている子供の場合犬距離を置くした後、他の子供が犬を抱いたり撫でることを観察することができる。 子供が後退たいたびに惜しみなく応援しなければならない。 少しの進展を見てもよくある賞賛し、自信を強化するのが良い。

急がず段階的に改善するように教える

一日だけの子供が恐怖を克服することは難しい。 子供の速度に合わせて与え恐怖をゆっくりと段階的に克服していくことができるよう助けるべきである。 例えば、本の恐怖は、数ヶ月続くことが、子供にいきなりつを触れるならない。

犬がいる状況に慣れるようにするのが良い。 このプロセスは、数週間、数ヶ月、数年かかることもあるが、子供が自分で恐怖を克服することができるようにしなければならない。 これにより、子供は親の助けがなくても犬に近づいて犬を抱くことができているだろう。 もし子供が恐怖を克服した場合褒めてあげよう。

感情の尺度測定する

感情の尺度を測定することは恐怖を克服するのに役立つことができる。 最小の数と最大の数の間で子供が感じる恐怖の尺度がどの程度なのか聞いてみるのがよい。 たとえば本を見たり、犬の鳴き声を聞くと、1〜10の間の尺度のうちのどれくらいの恐怖を感じることを確認してみよう。

このような感情の尺度は、恐怖だけでなく、他の感情にも適用することができる。 子供が怒ってたり悲しいか、失望感を感じた場合、感情の尺度がどの程度なのかを確認してみましょ助けることができる。

恐怖が消えるまで繰り返してください

もし同じ対象からこれ以上の恐怖を感じなければ、その恐怖は消えている。 子供が再び恐怖を感じないまで恐怖に繰り返して対抗できるように奨励しなければならない。

一週間のに近付く練習をしても犬の近くにあることも恐怖を感じることができる。 この場合、恐怖が完全に消えなくても大丈夫だと言ってあげよう。 しかし、本の恐れが消えるまで繰り返し恐怖を克服することができるよう助けなければならない。

子供が成長し、恐怖を克服する方法を学ぶならば親に感謝して感じる。 恐怖から逃げるより対抗プロセスを介して子供の感情的知性を高めることができる。 幼い頃から恐怖を克服する習慣を作成すると、若者や成人になっても恐れに対抗しやすくなるだろう。

This div height required for enabling the sticky sidebar
JP-Moontore
Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :