Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]子供に金銭教育をさせる方法

/
/
/

▲写真出処:ピクサーベイ

最も重要な子供の教育の一つは、子供たちにお金に関する知識を教えることである。 特に金銭的良心は常に費やす必要があり生活が可能な、この世界で生きていく重要な要素の一つである。 子供にお金の価値を簡単に教えてくれればお金の役割を正しく認識することがあり、後には人生全般にわたってお金に関する賢明な決定を下すことができるように役立つだろう。 貯金箱に貯金する方法など基本的な部分からの予算を立てるようなもう少し複雑な部分に至るまでに、子供たちにお金の知恵を悟らせてくれれば、過度に厳しい子供に成長していないだけでなく、自分の財産と関連の具体的な決定を行うことができようにしてくれる。 さらに、お金の知恵を悟った子供たちは早い時期に親から独立することができる。 子供にお金を教えることは可能早期に開始しなければならない。 常に基礎から始めて、子供がそれぞれの教育の重要性を理解するのを助け、できれば子供が学んだことを実践する際に、それに対する補償をしてくれることを忘れてはならない。 子供と親の両方財政的に成長するために役立つ基本的な教育方法がある。

最初の教育:お金は木で育たない。 お金の世界で最も多く使用される言葉で陳腐に思えるかもしれないが、かといっこの文章が嘘ではない。 子供にお金は単に助けが必要なときだけ、ウィザードがもたらすものではなく仕事をしなければなら得ることができる存在であることを刻印させてこそであり、お金の価値を理解して指定されたことに対する責任感を持つことができるようにしなければならない。 育児関連雑誌「パーレントマガジン」の編集者ニコルディコールズ氏は「人はお金を稼ぐために働く。 銀行はそのお金を安全に守ることができるところ」と子供たちに説明してくれるならない。 教育を行うときは、最近襲った経済危機の批判的な見方は、一度入っておくようにしなければならない」と伝えた。 第二の教育:予算内で過ごすする方法を教える子供がお金を扱う方法を学ぶために、一応はお金が必要になるだろう。 教育を開始するときの予算を簡単に組んで、それに対してお金を十分に支払わなければならない。 子供たちが無駄なものを買うためにお金を使う時もそのまま放っておくのが良い。 なぜなら、適切な消費をしないと、自分が本当にしたいものは逃しなるという事実を自ら悟るなるからである。 たとえば、子供たちがキャラクター人形を買うためにお金をあまり書いた場合、後には自分の好きなおやつを買うことができない。 これは、予算を適切に組み方の教訓として解釈されるものである。 金融専門家であるシェニャステイ君「親は子供に予算に関する教育をできるだけ早く教えたがる。 自分のお金を正常に管理することができる基盤を立てることができ、住宅ローンのから投資に至るまで、すべての財政的な部分は、予算にかかっているからだ」と伝えた。
▲写真出処:ピクサーベイ

第三教育:忍耐の報酬子供に貯蓄について教え始めた場合は、初期段階から十分に理解できるように支援することが重要である。 シェかという「教育は、子供が成長して、後で「今買い、後で返せばいい」という考え方で、クレジットカードの負債という苦境に陥ったとき、これに対抗して戦うことができるように手助けする」と述べた。 たとえば、子供に新しい靴を買ってではなく、貯蓄を開始できるように支援をやれ 子供たちはしばらくの間であっても貯蓄をしたら、後は同じ靴を得ることにより、自分の努力のための報酬を受けることができるという事実を知ることになるだろう。 今自分のお金で靴と一致新しいドレスを購入することができていることを悟るようになり、金銭的忍耐の重要性を自然に体得することになる。 第四教育:支出の習慣の支出の習慣のための最も重要な教育方法は、子供がお金を持っている瞬間すぐに支出しないように教えている。 代わりに、子供がどのようなものを買ってたいと思うかと、本当に自分に必要なものなのかを考えてみる機会を与えなければならない。 シェニャさんは良い支出の習慣を育てる別の方法については、「購入製品を項目別または品目別に価格を概略的に説明してくれる。 次に、オンラインで価格を比較した後、クーポンを一緒に使うように助けてやれ」と助言した。 お金を節約する責任がある支出の習慣の重要性を実現することができる。 5番目の教育:小遣いギイプジャン作成も大人もお金をすべてどのように書いているか、その行方をいちいち計算することは難しい。 その後も状況は全く改善されていない場合、自分自身に「お金がどこへ行ったの?」と尋ねしかない。 子供にお小遣いギイプジャンを書き方を教えて後で資金管理することに大きな助けになる。 小遣いギイプジャンを使えば、自分が不必要に支出した部分が何なのか振り返って見ることができる時間を持ちながら支出を減らすしようとするものである。 この方法は、長い時間を経て財政節制力を育てることができる。 子供にお小遣いギイプジャンを渡しながら小遣い支出を記録するように推奨しなければならない。 また、小銭入れも付属していながら、今後の参考できるように領収書を保管しハゲクム教えなければならない。
▲写真出処:ピクサーベイ

第六教育:分かち合いの配慮子供たちに教えることができる基本的な金銭教育の一つは、自分よりも多くのお金を必要とする他のためにお金を節約することである。 親は子供に何人かの慈善団体を紹介してくれて、自分のお金を子供と一緒に寄付し、ロールモデルになるようにしなければならない。 シェかという「教育の方法は、お金と物を買うための目的だけでなく、人々を助けるために使用される可能性がある点を教えて」と説明した。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!