Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]子供の「デジタルリテラシー」教育が重要な理由

/
/
/

今日の若い世代は、前の世代よりも技術に多く露出している。 多くのデジタル機器やソーシャルメディア、インターネット関連のツールが日常的に拡散されたからで、このようにデジタルメディアが継続的に人気を得ながら、青少年の問題も出てきている。 これ親と教師は子供たちが否定的な方法で技術を活用していないように細心の注意と努力を展開しなければならないという声が高い。

デジタルリテラシー

ソーシャルメディアは、人々がお互いにコミュニケーションしながら、自分の考えや意見を表出する空間である。 しかし、サイバーいじめや詐欺が発生するように作成した。 子供たちが徐々にこのような環境にさらされ、行動にも影響を受けることができる。 実際にした調査によると、子供たちがした10種類の経験の中で、なんと4種類がサイバーいじめとの関連があり、ソーシャルメディアのアカウントを持っている児童の74%が不愉快な状況を経験したことがあることが分かった。

これらの問題は、しかし、親たちにまで知られていないのが現状である。 事実ほとんどの親は、日常的に使用するインターネットが子供に無害で安全な環境だと思いますが、子供たちが楽しくインターネットを楽しむことができようにする親の責任も必要である。

実際、デジタルリテラシー、すなわちデジタルの素養と活用能力は子供たちにも必ず正しく習得することができなければならない。 子供たちが有益な方法でインターネットを検索して使用し、もしくは情報を生産する能力を備える必要がありという意味だ。 また、技術の限界とそのことが、人間の生活の中で持って来る危険についても認識することができなければならず、周辺を取り巻く技術に対する深い理解も必要である。

デジタルリテラシーの重要性

特に幼いナイテからデジタルリテラシーの価値について学ぶことは非常に重要である。 子供たちがインターネットを使用する主体としての責任を果たし理解できるようにするため。 例えば僅かには、検索エンジンを活用して、文書を作成し、電子メールを送信し、基本的な技術から、正あるいは負の方法で技術を活用する上で、フォローしている日常生活への影響も知るべきである。 このように、子供たちがデジタルリテラシーを備える理由は、以下の通りである。

1.正しいデジタル足跡を残す:デジタル足跡とインターネットを使用して、ウェブ上に残す様々なデジタル記録では、子供たちがオンラインで公開して共有するすべてのものを他の人にも見ることができていることを意味する。 肯定的なオンラインでの評判のためには、自分の感情を適切に表現する方法を学び、正しい記事を上げるのが良い。

2.キュレーティングコンテンツの必須性:適切学コンテンツをキュレーティングして管理する方法を学ばなければならない。 子供たちが投稿し、共有するものどんな内容であれ、このような自分がキュレーティングたコンテンツは、すぐに自分自身について知らせるツールでもあるからである。 また、質的な内容と疑わしい内容を区別することができなければならない。

3.技術の可能性を把握:技術は、人間の日常生活を支援することを目的として開発された。 したがって、親は、学校や日常生活の中で子供たちに寄与できるように技術の活用を教えなければならない。

子供たちに不足しているメディア技術

ほとんどの子供たちは、特定のデバイスを使用するには多くの知識を持っているが、これらのツールが提供するすべてのことを理解するのには限られている。 事実、電子デバイスのみ使用毎日平均9時間を過ごす子どもたちにあり、ほとんどオンラインで公開して共有し行われるオンライン活動は、ややもする責任を鈍くてしまうことができる。

ソーシャルメディアユーザーが危険にさらされることができるという責任感を認知させ、メディアが及ぼす影響について、親はきちんと教えることができなければならない。 メディアリテラシーの不足が原因で発生することができますいくつかの危険性は、以下の通りである。

1.身体イメージの不満:今日の子供たちは、メディアを介して、理想的な体型の誤った概念を認識するようになった。 これ自分の身体イメージを意識し、成長、最終的には自分自身について否定的これ、社会に適応するのにも困難を持つようになる。

2.固定観念:ソーシャルメディアはまた、宗教や性別、人種や関連固定観念を鼓吹させる通路に位置づけた。 これらの差別を子供たちは事実だと受け入れることができていて、ややもすると悪い固定観念を持つことができる。

子供のデジタルリテラシー教育

子供たちに生涯頼るデジタルに関するデジタルリテラシー教育をすることはもう必要になった。 親はこれの技術について話して責任を持って使用する方法を認知しなければが、基本的なメディアの素養を備えた子供たちは、より積極的にインターネットを使用することができるからである。 親が子供に教えることができる方法をいくつか紹介する。

1.批判的思考を奨励:オンラインで見るすべての情報が真実ではないことを説明して、子供たちは、オンラインで接する情報に質問することができるようする。

2.子供のインターネットの使用監督:親は可能な限り子供が使用するソーシャルメディアやサイト、アプリなどを監視し、子供が使用中、これらの媒体がどのような役割をし、影響を与えるかを確認することができなければならない。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!