Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]子供のお金の管理教育、子供の頃からする理由

/
/
/

学業はもちろん、礼儀作法に人格教育まで、子供たちに教えなければならないことは本当に多い。 しかし、教えなければならない重要なことは、一つがよりある。 それはすぐにお金の管理。 今日はあらかじめ育てなければなら適時光を放つ子供の金銭管理教育について調べてみよう。

最近、米国の国際学術評価(International Student Assessment)プログラムが14カ国、15歳の青少年を対象にした金融知識の評価によると、多くのティーンエイジャーがしっかりとしたお金の管理を学んでいないことが分かった。

もちろん、最近では、ティーンエイジャーたちもアルバイトをしてお金の価値を感じることができますが、いざお金を適切に管理するための知識はあまりないというのが問題だ。 信用情報会社トランスユニオンのヘッダバティソン(Heather Battision)副社長は、金融分野の理解は、一般的な資金管理と信用の基礎を理解するのに重要な要素と説明した。 これ親が直接クレジット口座やお金の管理などの基本的な事項を教えなければならないという指摘が出ている。

資金管理教育

事実幼いころからお金のために大切としっかりとした管理を教えることは非常に重要である。 これは若い年齢で子供たちが理解できるものはかなり多くいるからで、早ければ5歳の時から、あるいはお小遣いを受け始める時から教えることタイムリーである。 十代になる前に、予算の基本的な事項と投資の基本原則を教えるのも良いと専門家は言う。

特にカスタマイズされた教育もいいのに、例えば食料品店で買い物をするときに、教育の瞬間に切り替えるのも一つの方法である。 ブランドを見ずにどのように価値のあるものを選ぶか教えば良い。 また、買い物リストを作成する必要のないものは排除して、優先的に購入することがものを振り返り機ようにしましょう。

一部の親は、毎週お小遣いを与えながら、お金の管理を教えるもするが、もし、このような方法が気に入らない場合は用事をしたり、良い成績を受けた時、一定の金額を与えながらお小遣いを置き換えることもできる。 いくつかの方法を選択してもお小遣いを貯めることができる銀行口座を作成し、管理するようにすればよい。

だからといって子供たちにも完璧な姿だけを示す必要はない。 資金に関するミスや事件事故が発生した場合率直に子供に言って、自分が学んだことをイルケ学習してくれれば良い教育になることがあります。 ただし訓戒や講義ではなく、議論の形式で進行しなければならないということを思い出してください。 また、負債の概念を知ることができるよう、適時に料金を出すことの重要性も教えなければならない。 この時、クレジットカードは、融資の概念で理解させるのが良い。

メリット

もし子供たちが幼い頃から、これらの資金の管理の重要性を理解したら、大人になっても財政的な問題に直面したとき賢く乗り越えていくことができる。 金融全般に関する理解と基礎を知らせ資金問題について教えることは子供の個人的な発展にも役立つ。 予算と支出、貯蓄などの基本的な事項は、その後の人生を生きていくとき良い習慣に戻って来るのである。

お金を管理する方法を教える方法は様々ですが、どのように教えていた、最も重要なことは、お金の管理が自然に生活の技術として受け入れられるようにしなければならないという点である。 一度このような資金管理の概念が装着されると、大人として成長しても責任を持って生計を維持することができる事故が生じることになる。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!