Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]子供のしつけ時打ってはならない

/
/
/

子供を体罰したときに打つ方法よりも、他の選択肢を活用する良い調査結果が出た。

オークランド大学は、ニュージーランドの家庭の体罰統計レポートを作成して発表した。 研究者は、ニュージーランドで育つ子供たちを対象とした。

レポートによると、10人の親のうち1人が子供をよく破っ12人のお母さんに1人の子供にひどく怒った。

最近の統計では、ニュージーランドはいじめの比率、青少年の自殺と暴力の分野で良くない結果を示した。

オークランド大学側は子供はしっかりした境界と限界を建てなければならが、しつけするために打つことは子供の暴力性向につながることができ、健康的な環境を造成するためにされていないと伝えた。

これに対して脳波トラスト(Brainwave Trust)上級研究員である抜け忍オーネ日(Keryn O’Neil)は「しっかりして公平な制限は役立ちますが、従順のみ重点を置いて懲罰的、厳格なルールと理由を説明してくれないのは子供たちに良くなかった」と話した。

専門家は、子供たちをヒットせずしつけする方法を公開した。

まず、親は大人ダウン責任を持たなければならない。 また、子供たちが誤った場合、すぐ体罰するよりも考える時間を与えなければならないと助言した。

また、肯定的なマインドを前面に出してしつけなければならず、子供たちがよくやったことがある場合は賞賛を惜しまはならないと助言した。 これにより、親が子供を愛し、感謝するのか知ることができていると明らかにした。

子供が間違った場合は、まず言って説明をさせなければならない。 この時、殴ったり怒らず話をするのが良い。

また、子供が正しいことを行うことができるよう指導しながら何が間違ったのか、彼らの行動が周囲の人々にどのような影響を与えるかを知る必要がある。

この他にも、彼らに限界と境界があることを教育しなければならない。 ルールを作成して、なぜそのルールに従わなければかを説明しなければならないまた、設定したルールを親も従わなければならない。

言葉に一貫性がなければならない。 子供たちに言えば、変えないようにしなければならない。 親がそのルールを破れば、子供たちも保たない。 親は言行の一致を示さなければならない。

子供をフンユルすることができる方法は、多くの暴力が、その方法があってはならない。 ストレスを受けたり、画家出る子供に解けばならない。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!