Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]子供のストレス誘発する子供過保護、もうやめ!

/
/
/

「ヘリコプターの心」や「草刈好き」という新造語を一度は聞いたことがあるだろう。 ヘリコプターの心は子供の周りをぐるぐる回りながら一挙手一投足をすべておせっかいお母さんを言って、草刈の心は子供の前に置かれた障害物をすべて除去してくれるママを示す言葉である。 このように、親の子供のための過剰保護と度を超える子の愛は悩みをもたらしている。

親として、子供の生活の中で積極的に支援を与えようとする姿勢は良い姿勢である。 子供に向けたこれらの手厚い愛を誰が何だろうか? しかし、行き過ぎたい愛の保護ではなく、子供に毒になる可能性があることが最近の研究では、実際に証明された。

米南部ミシシッピ大学の研究チームは、2017学術研究では、これらの過剰保護が子供の精神的健康に良くない影響を与えていると発表した。

研究によると、これらの制御は、子供の年齢に合った行動の成長に負の影響を与える。 子供がむしろ自分自身を開発する能力が制限されるものである。 また、このような過剰保護の中に育った子供たちは、不安症状とうつ病にかかる確率が高いという結果も出た。

また、研究者は、子供たちが、初期の発達段階にすぎ干渉し過保護ママの下者であれば、後で不安をもっと感じそれだけ生活の質も落ちると報告した。 ママは愛してた行動が、むしろ子供たちの生活をより難しくにくくすることになる。

過剰子育てが子供の不安を助長する理由

オーストラリアのマッコーリー大学でも、子供の生活の中に過度に関与していることは、不安を助長しするという研究結果を発表した。

研究者は、200人の子供とその母親を追跡、調査した研究では、これらの結果を得た。 研究者は、母親と子供の相互関係を観察した。 これらママたちに「私は子供が誰と遊ぶかを決定してくれる」、「私は子供が自分で服を着ることができているにも着せてくれる」などの質問があるアンケート調査を実施した。 その結果、過剰保護し制御する母親の下で育った子供たちが生活の中で不安を大きく感じることが確認できた。

マッコーリー大学では、追加のペットや子供の相互作用についても強調した。 通常過剰育児をしている場合には、動物と子供を徹底的に隔離している場合が多かった。

▲ソース=ピクサーベイ

親の無条件支援という子育ては間違った方法である。 この過剰保護と過剰養育のために、子供たちは、時には心理的障害に悩まさたり、「学業薬」の中毒になったりし、子供の就職の可能性を台無しに置くと、親自身にも巨大なストレスを与えて、時には子供の問題で家庭が破綻吸うこともある。 次に、どのような姿勢が望ましいか?

何よりも、自分の子供を繊細な蘭の世話に見ればならない。 親も親がされたことがないので、当然育児の困難を経験はずだ。 親が過保護をする場合には、通常、子供を失うないかと恐れから始まるものである。 しかし、自分の子供たちをより大きな世界で育つように両親は、恐怖を少しでも振り払うする。

親は親の心を信じなければならない。 そうしてこそ子供を健全な方法で養育することができる。 グァユブルグプという言葉があるよう子供のための過度の保護と干渉がなく、愛する子供たちの心の健康と未来を傷つける可能性があるという事実を忘れてはならない。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!