Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]子供の天国」の遊び場」は、安全地帯ではないか…親のための安全性のヒント

/
/
/

多くの親が普通の家の近くの遊び場で子供との時間を費やしている。 遊び場は、子供たちが積極的に遊びながら楽しみを見つけることができる最も快適な場所だ。 しかし、ひたすら安全のみを表示することはできない。 実際にした統計によると、遊び場に関連する負傷や事故は約20万件に達したという。 特に遊び場に使用される素材や設計やデザインに注意するべきなのに、乗り物に隠された鋭いエッジなどの目に簡単につかない、さまざまなリスクが存在するということ。 これ親は子供と一緒に遊び場で時間を過ごすときに子供のための安全要素を確認し細心の観察を通して今まで分からない事故に備えているのが良い。

滑り台、一緒に乗るべきではない?

道を行ってみると遊び場で子供と一緒に滑り台に乗って降りてくる親を頻繁に見ることができる。 これ子供を保護しようとする親の心だろうが、実際には全く安全に役に立たない。 親の膝の上に子供を座らせ滑り台に乗って下る場合は、より多くの加速度が加わるからだ。 これは、追加のスピードと力を発散させ、子供の手足や足すべり台の端にかかったり、後ろにねじることができ、危険である。

実際に親の膝の上に座って滑り台を乗って下半身の骨折を受けた児童の事例は、米国だけで35万2698件にもなる。 このような損傷は、病院を訪れる児童の負傷患者の最も一般的な症状として知られている。

結局、最も安全な遊びは子供が自分で滑り台に乗って降りてくること。 遊び場の滑り台自体は子供の体重とサイズに合うように設計されており、子供たちは一人で利用することが最も有効である。

熱い表面

遊び場に備えられた乗り物は、表面が金属になっており、外プラスチックやアスファルト、そして表面に塗料が塗られた場合がほとんどである。 このような材質が直射日光にさらされる場合子供は重傷を負うことができる。

太陽の光が降り注ぐ状況でスライダーの上に上る子供の場合には、ややもすると2度の火傷を負うことができる。 これ親は太陽がたくさん晒す日には必ず長袖と長ズボン、そして靴をきちんと履かエクスポートすることが望ましい。 そして暗い色の服は、明るい色より太陽と波長をより多くを吸収するので、可能な暗い服を着ることがより良い。

最良の方法は、親が先にスライダーから出る熱をテストすること。 子供が遊ぶことができる程度に十分な熱と判断した場合にのみ、遊べるようにして、あまりに熱いと感じられたら、日光が強いピーク時間を避けるのが賢明である。

Sフックと小さな隙間と穴

子供たちが乗り物に乗っている時の乗り物の表面から出てきたS字型のフックが子供の服を引っ張ることがたびたび発生する。 もし首の周りであれば、服が引いてなり、首眠い危険な状況も広がることができる。 特に飛び降りるときの周りに飛び出していたボルトの鋭い端にあざや傷が発生することも日常茶飯事だ。 他にも小さな隙間や穴に子供の指が挟まもあり、身体の他の部位に傷を付けることができる。 このようなすべての欠陥が見つかった場合は、遅滞なく、地域機関に不便を要求しているのが良い。

はしごやネット

子供たちははしごやネットを持って、より高いところに上がる活動を好む。 しかし、同時にネットを構成するロープは子供を窒息させることができる危険な要素になることもある。 ロープとロープが接続された隙間の間の頭や身体がはめられているからだが、親はロープが子供の体にかからないように密に組まれていることを確認することができなければならない。

遊び場フローリング

よく知っているアスファルトとコンクリートは衝撃吸収体ではない。 だからといって遊び場の床に敷かれた芝生や土が衝撃をより多く吸収することもない。 子供に最も安全な装置は、ゴムや砂、木材チップや植物の根のカバーなどでは、少なくとも床から30cmほど積もってはならない。 これは怪我を予防することができる最低限の基準である。 他にも乗り物で落ちたときにけがをすることができます障害や高プラットフォーム、傾斜路があるのか​​を確認するのもいい。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!