Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]子供の宿題は、親の悩み…動機のヒント

/
/
/

休みシーズンになって、学校から解放された子供。 しかし、一ヶ月後、始業が近づくと再び宿題悪夢に苦しむことができる。 これ子供が宿題を楽しくおもしろくするために、親が奨励することができる方法を公開する。

動機

最も重要なことは、宿題を楽しむものである。 これ鉛筆やペンなどで勉強をする方案の壁紙や机などをきれいに飾って勉強ではなく、面白​​い遊びをする部屋に認識させること。

宿題をよくした場合に補償を与えることも一つの方法である。 一部では、このような方法を提唱していないことも、しかし、一度しっかりとした補償を提供する場合に効果的な選択案ことができる。 例えば栄養価のないやつを与えたり、ゲームをするようにする代わりに、TVを見たり、他の面白い遊びをする時間をさらに与えること。 これは完全な最高の方法ではないかもしれないが、より良く補償方法より効率的である。

また、物質的な補償に先立って賞賛や励ましをする心理的な補償もよい。 子供たちは、通常、宿題をほとんど毎日定期的にするため、賞賛を継続的に受けると、宿題することが嫌いなのではない楽しい事に感じられることができる。

宿題をする特定の時間を毎日のスケジュールに入れて一日の仕事の一つにするのも良い。 これは宿題が大変なことではなく、一日の仕事の一つで認識するようにしてくれることができる。 また、宿題の時間前にはおやつの時間を作って、事前に良い雰囲気を造成するようにしましょう。

下校後すぐに宿題をするようにすることではなく、子供たちが自分の時間を指定するようにすることも責任を与えながら、ストレスを受けないようにしてくれることができる。 家に来た後は、すぐにリラックスしたり、他のものを先にしたいことができ、この時、強制的に宿題をさせることは助けにはならない。

他にも、エリックJ.行っ博士は宿題と関連親が子供に動機を与えることができるいくつかの方法を提案した。

最も重要なことは、子供たちを理解すること。 これ担任ギョサグァのミーティングを積極的に活用して子どもたちが希望することが何なのか質問して把握する時間が必要である。 また、子供の宿題や試験、評価にも積極的に質問をし、学校での生活に関する情報を得なければならない。 学校生活をある程度把握した場合、子供の宿題を管理することができるスケジュールを作成することを推奨している。 もし宿題が多い日がある場合は、スケジュールをうまく活用して時間管理を効果的にすることができるようにすればよい。

精神衛生のカウンセラーであるデビーピンカスも親が子供を叱ったり訓戒せず宿題をすることができるようしなければならないと助言した。

ピンカスは、多くの子供たちが宿題をしなかったり、あるいは忘れてしまったり、虐待提出することを度忘れしたり、真剣に考えていない勉強をせずに試験すら見ていない場合が多いと説明した。 しかしこのような時、親は子供をこれ以上制御することができないと考え、子供たちに魂を出したり放棄、あるいは親が代わりに宿題を接触もないと指摘した。

しかし、このような方法は、決して解決策になることができない。 親たちは、このような状態で、子供たちが宿題をきちんとすることができないことを悟って子供の行動や意思決定を尊重しなければならすることが必要である。 代わりに子供たちに過去の宿題をしていた事例を思い起こさせてくれて、勉強できる動機を発見してくれるのが賢明である。

また、宿題で議論距離を作ることも助けにはならない。 子供たちが勉強や他のものに焦点を当てながら、宿題をすることができるよう支援する方法を選ばなければならない。 また、宿題は家のリビングルームのようなすべて利用する場所で行い、宿題が終わったら、週末の計画を組んだり、他のしたいことをできるようにするのが良い。

ピンカスは、親が、通常、子供たちが自分の成績に興味がないと思うが、実際にそうでアンダミョ子供は学校で良いスコアを受けるようにしたいと説明した。 これこんな成績上昇の欲求を引き上げることができる刺激を作ることが重要だということ。

しかし、子供たちの宿題を手伝ってくれると、最初から最後まですべてをいちいち取りまとめる必要はない。 ピンカスは、親が子供の宿題を助けるためにガイドをしてくれると宿題自体を過度に助けてくれる行為は区別されなければならないと指摘した。 子供たちが自分で行うことができない分野があり、責任を果たすことができない可能性があるという考えを自制して仕事を果たすことができるよう支援する姿勢が必要であると付け加えた。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!