Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]子供の情熱と興味、親がしてくれることができることは?

/
/
/

子供が目的意識と情熱的に何かを探して達成する望むのは、親の共通心である。 しかし、子供のような熱意をどのようにドラッグしてくれて目標を達成するために助けることができるかどうかの方法は、よく知らない。 親が子供の情熱を導いてくれることができる方法は何だろうか?

子供の情熱を追求に邪魔される障害

子供が情熱を追求するために邪魔になる要素を正確に探って指摘することができなければならない。 私たちは、多くの場合、近く発見することができる障害要素を見落としている。

例えば最近ではTVや映画、ネットフリックスは、YouTube、ビデオゲームなどがある程度役立つ学習ツールとして認識される。 しかし、不適切な利用は、子供の個人的な好奇心や批判的思考の発達を阻害する要因になることがあります。

ソーシャルメディアの場合は、インターネットの発達により、今個人の日常生活を維持するために不可欠の存在となっている。 また、ソーシャルメディアを大事にしながら、早い年齢で技術と関連した洞察力を養うことができる。 しかし、あまりにも幼い頃からソーシャルメディアに接して利用すれば、大衆に公開することができるものとそうでないものの違いを認識できず、より大きな問題になることができる。

学校は学びの場ではあるが、下校後も自宅で宿題をして勉強をしなければならなら、いくつかの面では、子供の創造的な活動や意味の興味を阻害する要因として作用することができる。 学校の授業を復習して宿題をすることが、他の重要な機会を奪われる時間になることができること。 これ親は、学校での授業に集中するが、家では、実際の真の教育を実現できるように支援することができなければならない。

多くの親が見過ごされていることの一つは、まさに責任と義務をあまり付与するものである。 もちろん家で家族が守ることができるルールを作成し、スケジュールを組んで計画に合わせて生活するように促すのはいいが、あまりにも多くのミッションを与えながら責任を強調することは、むしろ逆効果を生むことができる。 子供の情熱と責任感は別個のもので、関連づけることは避けるべき。

小児および青年のセラピストであるケイティハーレーは子供を早くからメディアに露出させてスターに成長させ作る親たちも、子どもが生活の中で情熱を追求することを妨げる要因と指摘した。 子供の意志とは関係なく、親が子供を連れて、複数のメディアに露出させることは、ややもすると子供が自分の目標とは異なる生活を生きるようにしたり、あるいは子供に歪曲された達成感を持たせることができる。

建設的な批判ではなく、子供の情熱と関心を妨害する批判も自制しなければならない。 子供たちは判断や批判、非難を恐れることなく、ターゲットを観察し、探検する自由が保障されなければならすること。 これ親は、建設的な批判とは何か、それをどのように受け入れるかどうかを教えて開発しなければならない。 しかし、子供の情熱を崩すほどの水位がされないようにしなければならない。

情熱の意味

ハーレー博士は、自分の著書を介して自分の6歳の息子の話を公開した。 彼は自分の子供がサッカーとピアノ、おもちゃの車など、様々なもので情熱を見せたと、子どもたちは、単に一つのだけ没頭して情熱を注がはないと述べた。 関心と好奇心が生まれるたびに情熱も同時に発生すること。

また、このような情熱というものが子供の成功した人生のための長さか、高所得を達成するために、その目的と価値を置いてはならないと指摘した。 すべての情熱は、個人に固有の興味と興奮の源として、子どもが成長する瞬間を変化させることであって強制的にすることができるものではないと説明した。

ハーレー博士は「親が情熱と専門性を混乱する」とし「子供が情熱を見せる特定の領域に向かって進むことができるよう支援を与え、その情熱を中心に生活に焦点を当てることができるようしてくれるならない」と助言した。 一部の親は、情熱という名分で、子供が大学や就職に事前に準備することができるようにするために演劇の時間や休憩、探索時間を犠牲にすることを余儀なくが、これは真の情熱になることがない。 これは、親自身のための目標として、子どもが何になりたいのかを決定することができる機会は奪われている。

情熱育てる

子育て関連媒体であるケア・ドットコムは、子供の情熱を見つけるのに役立つ方法を紹介した。 いくつか公開する。

まず、子供を観察しながら、子供が興味について話すたびに聞くことができなければならない。 例えば子供は飛行機や空を飛ぶもののドキュメンタリーを見るたびに飛行への関心が高まり、好奇心をさらすことができる。

そして子供が特定の興味を示すたびに励ますことができなければならない。 これ特定の活動や関連プログラム、現場実習などの参加を促すのが良い。 ただし情熱を追求するために強制的にの行動は目に見えてはならない。 代わりに子供が自分の興味を増やして行くよう、そのまま見守るのが賢明である。

これ子供がさまざまなことを試してみて経験することを推奨しなければならない。 特に子供が特定の興味を明らかに決めることができない場合には、様々なことをしようとすることは有用である。

最も重要なことは、子供が本当にしたいことについて話をするものである。 例えば、親は、週末に子供がしたいことや好みの活動をすることができるように計画を立て、これに対して、子供がなぜ情熱を見せて好きかどうかを質問することができる。 あるいは興味が変更したい場合、それにも質問して会話することができる。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!