Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]子供の成功したい場合は…親ができる「子ども促す法」

/
/
/

子供の将来を心配していない親はいない。 これ自分の子供がマサチューセッツに積極的に行動し、スポーツや学業に熱心に取り組むよう促すために熱を上げる用意。 まさに子供の頃家庭環境などの要素が子の成功に大きな影響を与えることを知っているからである。

しかし、一部の親は、あまり熱心な残りむしろ子供に良くない影響を及ぼしてもして問題が発生する。 子供を正しい道に進むために、親ができる方案を調べてみよう。

意図しない親の間違い

親は子供をしつけるためにあり、さまざまな方法を活用する。 そして、それは最終的には一つのことに焦点が合わせられるはずだ。 まさに「最善を尽くしていること」。 これ子供を助け、良いガイドラインを与えるために一次的に、自分が考えたのが正しいと勘違いすることになる。 そして子供にも自分の選択を促しことになる。 しかし、この方法は、むしろ害を及ぼす要素として作用することができる。 つまり意図せずミスを犯すこと。 最も一般的なミスをいくつか公開する。

1.子供を比較するのはよくない

多くの親が子供を兄弟姉妹、あるいは他の子供と比較しながら刺激を加える。 このような刺激が子供をさらに向上させることができると信じているもの。 しかし、他の人との比較を喫して育った子供たちは、自分の価値を低く評価し誇りが下落して、個性も失われて感情的によくない。 結果的に他の人の影の中に住んでいる価値のない人間だと思うようになる。

2.批判は刺激になることができない

親は自分の基準を満たしていないと考えるとき、子供に批判を加える。 そして、親自身が設定した条件に一致する子に育つようにするために色々なコマンドや注文もはばからなくなる。 親が求める方法でのみ、すべてのことは、調和ロワーながらストレスも自然になくなるという論理だ。 しかし、ここには致命的なエラーがある。 まさに地球上のすべての子供が独自の個性と特徴があることを気付かないということ。 子供たちは、すべてそれなりの情熱を持っており、子供の興味について、親が励ましてくれて導いてくれることが何よりも重要である。

(出典=ピクサーベイ)

3.過剰保護は毒

兄弟姉妹がいない子供たちが増え、自然に親の過保護も増加する傾向にある。 さらには、子供が直接付き合っ友人も気に入らないが、これは悪い友達とマッチし、悪い影響を受けることになると考えているからだ。 このような態度は、結果的に、子供が自分の生活の中で主体的に生活していない優柔不断に育つようにする近道になることができる。 自分が選択したことから学びを実現することなく、ただ親の影の下で暮らし、人生を後悔することができる。

4.賞賛と激励を惜しまないように

称賛と激励は多ければ多いほど良いが、ほとんどの親は、このような行動に制限を置く。 結果だけを重要視して、最終的に間違いのない行動だけを奨励するため、子供が誤っている過程で、だ努力と教訓を見落としやすい。 子供の関心と好奇心に満ちた努力を無視して達成だけに集中すれば、子供は大きく落胆し失望しやすい。 また、成人になっても、常に自分の能力に疑問を持つことができる。

子供奨励する

親が子供を接する態度は、子どもの身体的、精神的、そして感情的な発達に非常に大きな影響を与える。 家庭は、子供たちが成長し、重要なことを学ぶ場であるだけに、親は子供に励ましと督励を介して肯定的な影響を与えることができなければならない。

子育ての専門媒体であるフェアランチンポ脳によると、子供が親から受ける肯定的な影響は、すぐに満足して、精神的に健康になることで、これは子供の自尊心と誇りを向上させることができる。 また、何か達成し、達成しようとする内的動機を増加させ、忍耐も強化する。

これ親の正しい奨励は非常に重要な要素だ。 子供を奨励するいくつかの方法は次のとおりである。

(出典=ピクサーベイ)

1.賞賛と激励は、常に誠実に

子供の自尊心を高めながら逆の負の印象は補完してくれることができる賞賛する必要があり効果が引き継ぐ。 たとえば、「非常によくやった」という断片的な表現ではなく、「友人と弟におもちゃを配ってくれて、非常によくやった」という裏付ける説明を付けるのが良い。 あるいは「今日の夜に君が野菜をたくさん食べてお母さんはとても気持ちが良かった」と称賛する部分を具体的に明示してくれなければならない。

2.補償は慎重に

子供を励ます一種の「補償」について検討することを決定するのが良い。 いくつかの子供たちは、自分が学んで悟ったのではないだけの報酬が来るだろうという事実だけであることをして、そのまま行動だけだからだ。 研究によると、子供に提供する補償のプラスの効果はそれほど長く持続しない。 これ子供が新しいことを学んだ後、自ら達成し、達成したとき得る利点と利点に集中できるようにするのが良い。

3.子供の能力を客観的に見なければなら

子供の能力と実力も親として客観的に判断することができなければならない。 例えば今3歳になった子供は乳母の期待ほど完全に行動したり、自分で何かを完成して賭けが難しい。 たとえば寝室を整理するとしたときの毛布と枕など、すべての寝具を子供が最大限整理しようとしたのかを見てみることがより重要である。 子供の不完全さをそのまま認識し、これを受け入れることができなければならない。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!