Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]子供の成長にしてくれるゴンガムリョク、どのようにガルチルカ

/
/
/

他の人の立場から理解しようとすることは、人を世話をするために非常に重要である。 相手に感情移入してゴンガムリョクを上げる、自然に自分の生活の中に感謝する心も生まれる。

技術の発展にお互いが顔を合わせるよりも、オンラインで無感情でコミュニケーションすることが、より身近最近では、子供は社会の中で共感と友好の経験をきちんとしていないことがある。 この時、親は子供が共感と同情的に残る助けることができるように指導しなければならない。 これは子供が世の中を生きながら愛と優しさの力で、優雅に行動し、多くの逆境を乗り越えように助ける。

子供にゴンガムリョクを育て残るよく助けることができる子供に育てたい場合は? いくつかの効果的な方法を紹介する。

感情について知る

共感は感情的な素養から発展することができる。 感情的な素養を育てる最も自然な方法は、スマートフォンのテキストメッセージではなく、直接顔を合わせてコミュニケーションすることである。 事実、テキストメッセージの絵文字は感情を学ぶ適切なツールがない。 親は家の中で、親を含め、すべての家族のメンバーが必ず相手の目を見つめて会話するように規則を定めるのがよい。 この方法は、相手の話を聞くために大きな助けになる。

もう一つの重要な点は、早期に自分の感情を識別することができなければならないというものである。 この場合、子供に「あなたソウンヘするよう」あるいは「あなた怒っ思う “感情が入った言語を使用することが望ましい。

子供たちは他の人の感情を把握して共感する前に、まず自分の感情を理解することができなければならない。 一度自分の感情を確認できるようになれば、制御することができる調節技術も自然に体得することができる。 親は勉強と同じくらい、これらの感情教育にも気を使うのが良い。

子供と一緒に散歩しながら、周囲の環境を活用するのも良い方法になる。 例えばただの木がどんな色であり、建物の横にある物体があり、などの基本的な質問ではなく、「あそこのあの人は幸せだろうか寂しいだろうか?」という式の感情を確認するのに役立つ質問をすればよい。

専門家は、親が子供と一緒に一種の「感情確認ゲーム」をすることを推薦した。 一人幸せか、あるいは悲しい顔をして見せながら感情を合わせるようにするものである。 これは、相手の顔に現れた信号を知っているままのに大きな効果を見ることができる。

これらのすべての方法で、子供たちが感情をよりよく把握できるようになれば、他の人の感情視覚について質問する段階に移ることができる。 例えば、「友人のおもちゃをあなた持って行った時の友人は、どのように感じましたか?」とか「あなたのお母さんを殴ろうとしたとき、あまりにも悲しかった」と言う式である。

メディアを活用する

TVを見たり、本を一緒に読むと、子供がゴンガムリョクをより効果的に体験できるようにしてくれる。

登場人物が親切行動をしたり、共感を発揮する場面で一緒にこれについて議論し、逆に傷を与え、悪い行動をする場面が出てくる時も議論をすればよい。 このときのキャラクターたちが感じる感情を話すことができ、あるいは反対の状況を想定して、仮想のシナリオを作ってみることもできる。 仮に「主人公がこの場面で親切に行動した場合の状況がどのように変わったか」などの質問をすることである。

本や映画、TVは実際に子供たちが自分の目で映像およびビデオを追いながらキャラクターの感情を理解し共感を育てることができる良い方法である。 感情的な表現が多くの文学作品や映画を選定することが有効である。

ロールモデルになる

子供の感情がさらに深まることを望むならば、親もまず率先垂範することが重要である。 子供は親の行動を介して言葉よりも多くのことを習得して吸い取る。 他の人の感情を理解するように言うより、自分が先に相手の感情を察し能動的に対応することが、より良い学習方法になる。

また、親は子供の感情も正しく認識し尊重する必要がある。 感情移入モデリングする必要があるからだ。 他の人に共感を示した場合、子供にも同様に適用することが有用である。

例えば、学校に行く時間になっていたTV番組をすべて見ない場合には、親は子供を多止みより子供の感情に共感すると同時に、今TVをすべて見られない理由を合理的に説明できなければならない。 そして、プログラムは下校後に再び見ることができることを約束してくれる。 これは子供が好きなようにヘジュジヌン壊れ目、子どもの感情を理解しながら、同時に、現在の状況を適切に把握できるようにするのに大きな助けになる。

子供の親切な行動を賞賛する

学校の勉強や学習の良い評価を出すことも重要ですが、思いやりを持って親切な行動をしたとき、これを絶賛して、さらに良い姿を見せることができるように発展することも重要である。 子供が他の人をよく世話共感を形成するために大きな助けになる。

多様性に公開する

文化的、民族的、宗教的、身体的能力や障害の有無を問わず、子供が様々な実際の環境で学び、自ら悟ることができるよう露出させることは、子供が成長し、さまざまな社会に適応するために大規模な大きい要素として作用することができる。

多様性に触れることができる方法は多い。 本や映画、TV番組を見ることに加えて、様々な世界の料理を提供するレストランに行くか、博物館を見学し、ボランティアをするものである。 他にも様々な宗教や民族団体が主催するイベントに参加するのも一つの方法である。 フォーラムや追加ご質問、提案等の子供が参加できる環境を作って積極的に感情について話すようにすることも重要である。

人種や文化のゾロングソックジョークについては厳格に区分して教えなければならない。 これは単にユーモアではなく、軽蔑的な意味が混ざっており、人種や文化に対する先入観を植え付けることができる。 ゴンガムリョクを破壊する要素だ。

親の間違い認める

もし子供の前で親が間違いを犯して悪くしたら、これを自ら認めて実現姿を見せなければならない。 子供に間違いを犯したの背後にあるより親切に行動して良い姿を見せるべきたと言ってくれる方がいい。 ミスを親として認めて子供にそのまま話すことは子供に継続的に大きな印象を残すことになる。

家族の活動の重要性

毎晩、家族が集まって夕食をしながらした二種類の仕事を共に実行するための小さな計画を組んでみるのもいい。 ただし、ここでのテーマは、優しさとゴンガムリョク増大だ。 巨視的な活動がなくても、単にボードゲームをして遊ぶ時間を持つだけでも、ゴンガムリョクはいつでも発揮されることができる。 あるいは家族が一緒にボランティアをするのも非常に良いです。 特にボランティアはゴンガムリョク増大にも大きな助けになるが、子供の興味と一致する奉仕活動を見つけるには、このようなボランティア活動に人生と世界がより良くなったことを実現してくれることができる。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!