Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]子供の戦いに対処する正しい姿勢は?

/
/
/
▲ソース= Flickrの

子供が戦いに巻き込まれることが一度は起こることもある。 子供たちは、お互いの体に傷をないしはないが、誰が偉いか口論をするだろう。 このような時、親の最初の反応は、すぐに戦いを乾燥である。 親は子供に互いに謝罪するよう求めたり、行動を反省するような意味で壁を見て立つように罰を与える。

しかし、「ドイツで育てる法:子供たちが戦うために放っておいと(Parenting the German Way:Let the Children Fight)」という論文を書いたサラ者スケ(Sara Zaske)博士は、子供たちが互いに戦っ怒りをほぐすように残すべきだと明らかにした。 者スケ博士によると、ドイツでは、親や教師は、子どもたちがお互いの体に傷を出さない限り、彼らの戦いに介入しない。 子供同士自分で問題を解決し、和解することができると思うようである。

者スケ博士は「教師は子供たちが戦っている状況を注視しており、時折子供のけんかに介入して、子供が何をしたいのかを決定するようにしてくれる」と語った。

もちろん、子供たちが全く戦わない時もある。 このような状況は、主に日本で起きている。 アメリカ人と日本人学生の戦い、格闘やその他の状況を比較した研究によると、アメリカ人の学生92%が戦いのために処罰なんてされたくないと伝えた。 一方、日本人学生は他の学生を傷つけることができるので、戦いに完全に巻き込まないようにと述べた。 これと関連し専門家ミシェル場合(Michelle Woo)氏は、ある媒体とのインタビューを通じて「日本人学生は、人生経験を通して知恵と成熟を学んだ」と言及した。

一方、親は子供の問題を解決するために乗り出すかもしれないが、子供たちが自分で問題を解決できるように残すべき時がある。 しかし、必ずしも子供を正しい道に導くために、常に注視しなければならず、親切さの模範にならなければならない。 また、子供たちが感情を表出こなすことができるよう、個人の場所を別に用意してくれるのもいい。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!