Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]子供の教育のための投資、早ければ早いほどいい

/
/
/
▲親は、将来的に直面する問題を備えて子供の教育への投資を実施しなければならない(出典=ピクサーベイ)

子供の健康と安全のほか、親が子供のための優先事項として考慮しているのは、教育への投資だ。 子供が最高の教育を受けられるようにすることは、親が生涯抱えていく献身ある。

しかし、教育費の増加により、親は早期の計画が必要であり、学校教育の危険性を計算することになった。 これに歩調を合わせて、複数の機関と企業、プログラムは、これらの親を支援するためのガイダンスを提供している。 したがって、将来的に発生する可能性のある問題を回避するために、子供の教育への投資に適切なコストを割り当てることが重要になった。

早期教育計画

子供が成長していく必要がいくつかの要求を解決することは重要なことである。 さらに、一度に複数の方法が必要になることもある。 これは教育にも適用される。 親は子供が幼いとき教育計画に気を使わない。 たとえば、5歳以下の場合は、食費や衣類比を除いてベビーシッターの費用だけ気を使えばされる。 そして子供の才能をゆっくり発見し、特別なコーチングと、追加の指導が必要である。

子供が15歳以上になると、自分の進路を決定する時に来る。 この時、親の役割は、子供たちに質の高い教育を提供することに加えて、子供が夢をジョトウルできるように指導するべきである。 考慮すべきもう一つの要因は、子供がどのような科目を難しくしていることを確認して、子供がそれを対処する方法を親が先に知っておくべきである。 そして子供が自分の能力をより向上させることができるように、常にサポートしなければならない。

大学の授業料は、子供がどの学校に行くのかに応じて変わる。 これに ‘カレッジゲームプラン(College Game Plan)」では、子供の教育費を節約するために「2Kルール」を使用することを提案した。 2Kルールと子供の教育費を知るために子供の年齢に2,000ドル(225万円)を乗算ある。 フィデリティ・インベストメント(Fidelity Investment)のキース回ハート副も「5歳の子供を持つ親であれば、国立大学4年分の授業料を半分支払うことができる費用を節約しておくべきだと述べた。

一度ハート副会長は、人々が子供の教育計画に異なる財政目標を持っているが2Kのルールが良い出発点になることができると付け加えた。 この会社の調査によると、約69%の親は、子供の教育費に貯蓄しなければならない金額の具体的なガイドラインがあることを願っている。

▲2Kルールを適用して、子供の教育資金を準備することを提案する(出典=ピクサーベイ)

子供の教育のための資金調達

親の財務目標と結果を確認することは、子供の教育計画のための客観的な方法である。 子供の教育を計画する際、次のようにしなければならないことは、教育に必要な資金を調達することである。 親はタイムリーで適切な計画を立てなければなら資金が不足だという理由で子供の教育が中断されないことを確認することができる。 次の内容は、子供の教育資金を調達するためのいくつかの方法である。

1.予想総費用を予測する

子供の教育課程を通して、必要な金額がいくらなのか知ることは重要である。 難しい一日が、学校ごとに授業料引き上げ率を調査する方法も良い。 授業料を年間平均8〜12%ほど増加しているいくつかの学校もあるからだ。

最善の方法は、平均インフレ率を10%と仮定して、子供の教育計画を立てることである。

2.資金源に基づいて決定しなければならない。

次のステップは、資金の入手方法を決定するものである。 学生ローンは選択であることができるが、投資信託SIPSなどの際の適切な投資をして資金を求めることが安全かもしれない。 またはいくつかの投資をして同時に学生ローン受けることもできる。

3.可能な限り早期に投資を開始するのが良い。

子供が子供の頃からの投資を開始するのが良い。 教育計画で必要とされる総期待費用を蓄積するためだ。 投資が遅れほど欲しい計画通りに資金を調達することができる機会が減る。

子供だけのための教育の規定立てる

子供の教育に適切に投資する方法を立てることは正しいことである。 しかし、子供のための適切な教育規定を立てることが、それよりも優れています。 この時に考慮すべき一つの必要な時期と必要な量である。 したがってインフレを念頭に置いて、現在の金額よりも、それ以上の定めなければならない。 そして子供に適したいくつかの方法を見つけて、互いに比較してみるのだ。

子供の教育と将来の計画を立てることは、かなり複雑なことである。 したがって、金融の専門家のアドバイスを求めることが重要である。 親は正しい教育計画を立てて子供の前に素敵な未来を広げて与えることができるようしなければならない。

▲教育計画が適切かどうかの金融専門家の相談を受ける方がいい(出典=ピクサーベイ)
This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!