Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]子供の目が赤く充血とすれば?伝染性の強い結膜炎疑う必要があり

/
/
/

ある日、子供の目が赤い色に充血したように見える場合は、結膜炎にかかった可能性が高い。 赤くかピンクのように変わってよく、英語ではピンクアイ(Pinkeye)とも呼ばれ呼ばれ、乳幼児を含めてすべての年齢層から発見された眼病の一つである。 目と内側を覆われた薄い組織層の結膜が影響を受けて結膜炎という。

結膜炎

結膜炎は、眼感染症の一種で、子供からも通常発見される。 通常伝染性があるので、幼稚園や遊び場を頻繁に利用する場合感染することができる。 もちろん、青少年と成人も同じだ。

結膜はまぶたの内側と眼球の最も外側を覆っている透明な粘膜であるが、この結膜に炎症が生じた場合、目が充血して結膜炎になる。 しかし、比較的軽微な感染であると考えられるので、致命的であるか、深刻ではない。 しかし、幼い子供が結膜炎にかかった場合、病院で診断を受けることが有効である。 また、結膜炎自体が伝染性であるので、他の人にも感染する可能性を減らすためには、当分の間、家の中だけでの滞在が良い。 もちろん、いくつかのタイプは、自然治癒がされ、数日中にたちまち消える。

結膜炎の原因は、ウイルスや細菌、アレルゲンや刺激剤などである。 これらにより、結膜に炎症が惹起されることで、片方あるいは両方が赤く変質されるようにする。 子供の場合、充血した目のため、若干の不快感を経験することもできる。

兆候と症状

結膜炎は、赤色に変わることに加えて、目に不快感を生じさせることができる。 子供の場合、まるで砂が目に入ったかのように感じることもある。 多くの場合、結膜の痛みと腫れが目から分泌される場合があり、いくつかの子供たちは、まぶたが腫れたり、明るい光に敏感に反応するようになる。

さらに、最も脅威的なものは伝染性で、子供がかかった場合、数日の間、屋外で出ないようにして、逆に結膜炎にかかった他の子供を発見した場合接触しないようしなければならない。 咳やくしゃみでも感染することができ、空気からも伝達されることができる。

原因

通常結膜炎を誘発する要因としては、耳の感染症や副鼻腔炎、のどの痛みなどの風邪やその他の感染症を引き起こす細菌やウイルスがある。 場合によっては、同じ種類の細菌がクラミジアと淋病、すなわち二つの性感染症(STD)を起こすこともある。 新生児も結膜炎にさらされることができる。 しかし、新生児の場合、すぐに治療しなければ、深刻な健康問題に発展することができ、危険である。 また、妊娠中の女性に性感染症がある場合は、細菌やウイルスが出産時分娩中に赤ちゃんの目に入って充血を引き起こす可能性もあります。 これを防止するために、医師は通常、出生直後の赤ちゃんに抗生物質軟膏や点眼薬を投与するが、この治療もたまにわずか化学結膜炎を起こすこともある。 しかし、ほとんどは自然に溶解される

診断

子供の目が赤く充血したと判断される場合には、親はすぐに病院に連れて行って原因を特定し、適切な治療方法を知っているべきである。 また、他の深刻な眼病も結膜炎と同様の兆候を示すことができ、可能な検査で確定を受ける方がいい。 例えば激しい痛みや視力障害、目の腫れや過敏性症状である。

治療法

通常、ウイルスによる結膜炎は、治療しなくても、一定時間が経過すると自然に消えるはずだ。 細菌性で場合には、抗生物質点眼薬や軟膏を処方されることができる。

親が直接子供の閉じた目の内側に目薬を落としてくれれば良い。 そして子供が目を開いて、薬が内側に流れるようにするものである。 まぶたと溶融物との間の薄い層を介して侵入する方法の抗生物質軟膏を処方受けてもよい。

もしアレルギー性結膜炎であれば、抗アレルギー薬を錠剤や液体、あるいは点眼薬の形で処方されることができる。

とにかく最善の方法は、まさに予防である。 特に子供たちは、厄介な対象であっても好奇心に存分に触れ接触するので、衛生習慣に問題が発生することができる。 結膜炎を予防するために頻繁に手を洗うようにし、枕カバーや毛布などを定期的に交換するのが良い。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!