Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]子供の進路選択に親の強要が及ぼす影響

/
/
/

親は子供が将来の人生で成功した人生を生きることを望む。 しかし、このような風はややもすると無謀な事故につながる可能性がありますが、仮に子供の才能や興味を反映していない親の選択と意見だけ強要するものである。 特に、このような行動は、子供の進路選択の時期に通常表示される。 しかし、自分のやりたいことではないが、親の強要で選択された進路が果たして意味だろうか? これをよく示す事例を公開する。

情熱のない看護師

媒体シチズンはアシュララマダンという女性の話を公開した。 ラマダンは、親のために看護師という職業を選んだが、実際にしたかったことはなかった。 ラマダンの母も看護師だったので、彼の母親は、自分が歩んできた道を娘が受け継ぐを望んだ。 これ娘にも同じキャリアを持つように影響力を行使した。

ラマダンのこのようなキャリアの選択は、高校を終えた後に開始されたが、両親のために看護大学に入学するしかなかったこと。 母が直接看護大学を調べなんて者ラマダンは拒否と懸念を同時に表明したが、母は無謀だった。

事実ラマダンは、ファッションデザイナーになることが夢だった。 しかし、母は看護大学を通っていない場合、学費を払っていないと宣言した。

結局ラマダンは看護大学に入学、卒業後、看護師としてのキャリアに足を踏み入れた。 しかし、常に自分を取り巻く環境に不満を持っていた。 自分を苦労して作成し傲慢に行動する患者にも忠実に、自分がすべきことをこなしべきであったのだ。 彼はまた、親が自分に与える影響も認知できずにいると打ち明けた。 現在6年目の看護師として働いているが、まだ仕事に満足していない生活を送っている。

仕事をやめた教師

7年間勤務していた教師の仕事を蹴って出てきた人もいる。 まさにカルファンナムトゥ王家に、ナムトゥ王家も両親のために教師になったが、一度も教師という位置に満足したことがなかったという。 ナムトゥ王家に教師を強要したのはまさに父だ。 しかし、いざナムトゥ王家は教師の仕事をしながらも、自分のキャリアで正しく進んでいると感じた。

最終的に彼のキャリアが無意味だと感じたナムトゥ王家は自分の仕事を辞めることを決め、新しい仕事を選んだ。 まさにエンジニアの夢をかなえるためにダルエスサラーム大学に入学、工学を専攻して学位まで終えた状態だ。

成功の定義と基準

これらの事例と関連して、児童関連機関に勤務する教師ブレンダウンアサルは親たちから、これらの強要や行動は、多くの場合、発生すると指摘した。 親が成功の定義に近視眼的な視点を持っているということで、通常の金銭的な補償だけ重点を置いている批判である。 そしてこれは、子供たちに自分が選択したキャリアを強制的にするようにする。 子供たちが良い賃金と報酬を受け取れば、より良い生活をすることができるものと信じているのだ。

しかし、成功は極めて主観的な基準で評価される。 人ごとに考えている成功という基準もそれぞれ異なっている。 しかし、目標としている社会経済的階層の影響を受けることは明らかである。 いくら他人の視線から驚異的な成功も考慮されるが、本人自身には何もないことになることができる。

ウンアさるは一人一人が目標にした成功に到達するためには、能力と才能に集中して、その道を取ることが重要であると説明した。 もちろん、ここには、野心と情熱、そして強みという本質的な3つの要素も同じように適用されることが必要である。 この要素は、将来的に、自分が欲しいものを形成するように作成され、さらに明確にし役に立つことができる。

親のためのアドバイス

親は子供が自分で自分の夢を追って達成できるよう開放的な視点を持たなければならない。 親の選択を強要すること自体が、子供の夢を果たせないように妨害要因であるという点を明確に認識することが望ましい。 子供が下痢親の風通りキャリアを選択しても、子どもが感じる後悔と絶望感はいつでも発生することができる。 結局、望ましくないことを子供に強要するのは、時間と労力、資源のすべてを無駄にするようなものです。

子供に親の選択を余儀なくされたときに表示される別の副作用は、子供が、最終的に自分の位置から適切に仕事を行うことができないことがあるという点である。 自ら望んがないので、どのような動機や推進力も起こることができない。 さらに、情熱も持っていない、そのキャリアで成功する確率も非常に低くなるしかない。

また、同時に、親の期待に応えるために努力しつつ、ストレスと不安はさらに最大化される。 親の認定を受けないのに、自分が十分でないと感じ、最終的には自尊心や誇りさえ墜落することができる。 親の満足感のために、自分の人生を犠牲にすること自体に、すでに子供の生活の質は低下しているのだ。 つまり、しっかりとした人生の旅を楽しませている。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!