Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]子供の頭の中」内面の批評家」、仕事解除するにはどのように?

/
/
/

人間は皆、自分だけの内面から自らを鞭打ち存在を持つものだ。 これ内面の批評家(Inner critic)と呼ぶ、ほとんどこのような内面の評論家は否定的な自己対話で一喝し不親切て厳格である。 自分自身に否定的に大して、自分が十分に完全、または良くないと批判しつつ、これをすべての成長の足場と勘違いするようにすること。

これらの否定的な自己対話と内面の評論家は子供たちに存在する。 そして子供が行動したり、学習する方法について継続的に批判し否定的に評価する。 これは欠陥と欠点だけ浮上させて、他の肯定的なものについては認知すらできないようにする。 結論として、子供は、このような内面の評論家にあまりさらされて、失敗や拒否の恐れのために再試行する努力も停止される。

また、絶望的な自己疑問や低自尊心、能力への信頼を失ってしまいながら生活を生きていくの副作用を発生させることができる。 これは子供の成功と幸福を妨害する要素であり、深刻な場合、精神衛生上の問題でもつながる可能性があり、深刻である。

もちろんメリットも存在する。 肯定的なコーチとしての役割をして、今後のよりよい選択や行動をするように作るという点である。 しかし、このように肯定的に作用するためには、親は子供に内面の評論家の存在を把握できるようにしてくれて考えと事実に関連がないことを悟らせてくれることが重要である。

内面の評論家に悩まされている子供のために親が助けることができる方法を次のように紹介する。

1.内面の批評家の思い起こさサイクル

児童の脳に関する著書を執筆したダン・シーゲル博士とティナペインブリーソン博士は、人間の脳は、まるで二階と階下に分かれ家とも同じだと描写した。 これらによると、内面の評論家は脳幹上部に存在するが、思想家でありトラブルシューティング、プランナー、情緒調節者と皮質の中で、柔軟で共感的な形を成しているということ。 そして時々の重要な自己の経験と関連してマイナー声を出すことで開始する。 しかし、これらのことをたくさん聞いて収容するほどの声はさらに大きくなるが、最終的には子供は自分のすべての希望を失って破壊しながら、自分が価値のない存在だと感じるようになる。

親はこれ子供に内面の批評家と自分自身の声に大きな違いがあることを悟らせて与えることができなければならない。 内面の評論家が言葉と行動を自分がどのようにろ過必要か、そして内面の評論家が作動したときにどのように気づくことができるかのアイデアを提供することができるはずだ。 そして子供が、最終的に、これらの違いを認識したと判断された、内面の評論家が子供にどのような影響を与えるかを聞いてみるのがよい。

2.子供の答え奨励する

子供が自分で難しくするたびに、頭の中で聞こえる内面の評論家に答えるように教えるのもよい方法である。 そして自分の意識を高めることができると確信的な言葉を使ってマントラを開発できるようにするものである。 確信のある単語に開発されたマントラは子供に聞こえる音に関係なく、自分だけの自己認識を高めるせそれ以上の効果を得ることができる。 もし内面の評論家が声を出す直前であれば、子供がすぐにその考えを中断するように教え、あるいはすでに不要な声が聞こえてき始めた場合、すぐにこれに気を切断できるように教えることが重要である。

3.肯定的で支持することができる環境づくり

子供が負の自信を存分に表現することができる安全な空間を造成することも望ましい。 子供が自分自身のために否定的な言葉を始める場合、親はこれを肯定的に導くことができるように助けることができる必要がありますしヌデ、この時は子供が無視されているという感じを受けないように注意しなければならない。 つまり、子供と話する時は特に注意をして、閉鎖的ではなく、開放された環境下で子供の考えをそのまま表出できるように支援してくれることが重要である。

まさに優雅寛大な態度で子供の話を聞き、励ますこと。 そして、この間のバランスを適切に合わせることが重要である。 子供の生活に影響を及ぼして選択するための信頼をすることができる意思決定に積極的に参加して支持的に肯定的な環境を導いて与えなければならない。 これは子供が成長し、家族の構成員としての役割にも大きな影響を与える可能性がありますが、これにより、自分の力と能力に自信を持つようになる。

4.火完璧さを抱擁するように教える

内面から聞こえる絶え間ない批判によく対処できるようにする、子供に欠点と不完全さを積極的に受け入れるように教えなければならない。 子供がよくすることができないことに集中しないようにして、代わりによくしながら好きなものを愛するように作れば、子供は自分の好きなことをよりよく自信を増大させることができる。 子供がよくしたことに対する賞賛を惜しまず、非常に小さく、わずかなことでさえも気を使って注意を払うことができなければならない。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!