Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]子供は泣きながら意思表現する

/
/
/

子供が急に泣き出したとき、初心者の親たちは慌てものだ。 子供が泣くのは、単純にむずかっ距離ではなく意思表現をする方法であることを知るべきである。

一般的に、6ヶ月超えた赤ちゃんは寝る前にミルクや母乳を食べれば朝まで壊すことなく、眠ることができているのに、突然目覚めむずかっ出したり泣い親は原因を知らない戸惑うことがある。

新生児はひたすら泣きだけ自分の意思を表現するため、初心者親は戸惑うしかない。 赤ちゃんの泣き声はどこ不快感や空腹などの信号を送信するものである。 赤ちゃんが泣いて、代表的な理由となだめるような方法を紹介する。

赤ちゃん泣きの意味

新生児の場合は、ほとんどの船がすいていれば無条件泣く。 赤ちゃんは、元の食べご飯を食べる時間を見逃していないかどうか食べたかどのれたのかを確認しなければならない。 そのほかにもおむつが湿った場合、赤ちゃんは盗聴よう泣く。 風通しのよいおむつを満たしおむつが濡れた場合はすぐに着替えなければなら赤ちゃんは快適さを感じている。

また、3〜4ヶ月未満の赤ちゃんがひどく泣く場合乳児疝痛を疑うことができる。 よく疝痛という乳児疝痛の原因は明らかにされなかったが、腹部のガス、消化などによって発生することが分かった。

少し大きい1〜4歳の子供が泣いている場合は、ほとんど自分の意志を表現するために使用する方法である。 むずかっ当てすすり泣き泣い耽る悪童のような行動は、言語で表現する力が不足しているためである。

米国ダラスの臨床心理学者レイレイビは「幼児と未就学児は、彼らが望むものを表現するために泣いてむずかっ距離だ」と語った。

言うことをよく聞いていた子供が1日中嫌いという言葉を吐き出し内面母親は慌てて自分も知らないうちに叱らを打って自分の言葉通りに行動するように子供を把握して子供の話することが必要である。

子供が必要とするもの

実際に子供の群れを送るには、親の養育態度に基づいて影響を受ける。 したがって、子供の才能豊かな気質に応じて、親が養育態度を調整すると、その結果も良く現れる。 一方、子どもの気質に合っていない養育をすると、親は子供と引き続き対立が続くだろう。

米国ミネソタ州の小児科医であるジェイホーカー博士は「子どもたちにも感情を調節する時間を与えなければならない」と述べた。

子供が「厳しい気質」に乗って生まれたなら母親は子供に簡単に腹を立て、処罰的なしつけをする場合が多くなるということは、すでに多くの研究で確認された事実である。 厳しい子供に懲罰的しつけをした結果、子供たちは厳しい気質を維持し、さらに思春期にも問題行動を多く見られることが分かった。 厳しい気質の子供の場合には、より高感度かつ共感する心、忍耐を持っている必要子供の母親との良好な関係を維持することができる。

親が話を先に出す場合、子供は強圧的な制御と挫折などを感じるようになっ感情調節障害が発生することができる。 感情調節障害の患者の共通点は、子供の頃納得できない状況で、反復的な体罰を受けたり、他の家族が暴力を受けることをしばしば目撃したという点である。 受け入れ難い体罰をひどく受けた子供は悔しいし腹が立つ。 親は恐ろしい存在と私の力がなくて我慢すると思う。 しかし、成人になって力があれば、今我慢もなると考えるようになる。

子供のしつけ方法

よちよち歩きの外した子供の群れを書くに気を使わなければならもう一つの理由は、子供が生まれた最初の3年間、親と子の信頼性の高い調和のとれた関係がすべての人間関係の重要な基礎となるからである。 親との調和のとれた関係を結んだ子供は幼稚園と小学校に通う時にも、適切な社会性を形成し成長することができる。

親はどんな状況でも子供よりも冷静に話すべきである。 子供が群れを書くときのように腹を内側の子供をキャッチすることができない。 体罰をするよりも、子供の規律を定めるのがよい。 体罰は開始されると、徐々に強度と頻度が増加することができますので、しつけの方法の中で最も最後の手段だと考えなければならない。 事実体罰はしていないことが最善の方法である。 感情が興奮状態では、児童が直面していない方がいい。

そのほかにもいくつかの点で考えることができるが、子供がしつけを受け入れる準備ができたのか、親が感情調節を十分に行うことができていることが最も重要である。

旅行やマートを行ったときに子供が欲しいものを買ってもらう泣い群れを書いた場合、あまりにもナンガムハル時がある。 多くの人々の間で子供を遠慮なくしつけをしたり枚を挙げることがもなくそうと子供が欲しいものをそのまま入ってランナー君癖が悪くなるようなら、子供の目の高さに合わせて子供の心理を把握することが優先だ。

子供が泣くのは、いくら親でもなだめる難しい。 しかし、子供はまだしっかりとした言語で、自分の意思表現が難しいことを理解している。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!