Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]子供を初めて学校に送る

/
/
/

子供を初めて学校に送るのは心配と期待が交差することである。 事実、子供の立場から見ると、子供が初めて親と離れて一人で学校に行くことは非常に衝撃的な経験になることができる。

幸いなことに、今日の多くの子どもたちは、学校に行くことをあまり難しくない傾向を示す。 特に共働きの両親、海外派遣労働者の子供、祖父母の面倒が慣れている子供ほど、なおさらだ。

アメリカ人の親であるニーナ・ガルシアは、ブログを介して、学校で子供たちを叫ぶことを防止または治療することができる8つのアドバイスを提供した。 最初の方法は、積極的に学校について話をするものである。 学校の勉強や、新たに付き合っ友人について話をするのもいい。

ガルシアは「心が安定しているブランケット」のように緊張や恐怖があるときに触れることができるブレスレットや小さなおもちゃを子供のバッグの中に入れ与えるよう提案する。 学校で早く到着すると、子供は学校に来る友人を順番にすぐ分かるようになる利点もある。

児童が学校に到着して最初にする行動が重要である。 ガルシアは「子供が学校に行くと、まず一番好きなことをするように、インドすることにより、学校に行くことを楽しい日作ることができる」と説明した。 また、「教師に子供が好きな活動を聞いてみるのも可能である。 さらに子供はすぐに学校に行きたいと親を促すこともできる」と付け加えた。

学校正門前児童と別れる時に別れを告げる「きちんと」しなければならない。 別れの挨拶をよくしなければ、子供は親の腕の中でなかなか離れようとしないだろう。 挨拶は、明るい雰囲気の中で簡潔に行われなければならない。 過度の時間をドラッグすると、子供たちは、混乱感を感じさせなる。 教師に子供の学校生活について聞いてみて、子供の長所にも会話を交わして見推薦する。

最後に、親は子供が家で「感情を自然に表現」するように支持し、怖いしたり、話たり傷ついて心配する気持ちを収容して対処できる方策を見つけることができるよう助けるべきである。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!