Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]子供を台無しにしない教育法

/
/
/

子供を持つ前に、「私は私の子供は絶対に癖のない子供に育てないだろう」と言うやすい。 そう言えば、は容易である。 しかし、直接子供を産んで育ててみると、これがいかに難しいことか分かるようになる。 泣き続けてボチェヌン子供をなだめるために子供が欲しいプレゼントをすべて与えようではありませか? 関心や愛を与えたりする前に、一度おもちゃやおやつから出さはないか 子供たちが泣いたり、お好きなものを手に入れなくてイライラを張るのを見るの好きな親は珍しい。

子供をとても来るのか来るのかしたら?

必ず必要なものだけしたいことは、違いがある。 親の観点から見ると、子供たちは愛、インド、保護、食品、教育、医療が必要である。 一方、子供たちが欲しいのは、基本的にビデオゲーム、スマートフォン、ファッション衣類、粋物品などである。 また、現在、私たちの社会には、親が子供を幸せにする必要がありという考えに満ちている。

専門家は、親が子供にあまりにも多くの物質の贈り物を提供すること、子供ができることをしてくれること、子供たちに家事をさせないこと、家庭のルールを作らないことが子供の甘えを過度に許可して受け入れてくれることと指摘した。

子供の甘えを受けてくれて何の子供たちが好きなようにしてくれるということは、単に5歳の子供に人気歌手と同じような服装を着るか、中学生の子供に多くの外泊を許可して手綱を解放することだけではない。 親の満足のために子供たちに最高の良いことだけを経験することも問題だ。

親は世界が帰る方法について子供に偽りで説明する傾向がある。 子供たちがミスによる自然な結果を味わわないように、親があらかじめ出てブロックしてしまうと子供を台無しにされる。 子供たちは、自分の選択が自然で論理的な結果をもたらすという事実を学ばなければならない。 「ママが、あるいはお父さんが代わりにしてあげる。 ママが/お父さんがお手伝いし直して見て」と言うのは助けにはならない。 親の責任は、子供たちが「親がなくても一人で生きていくことができる生活」を準備するように支援するものである。 親が永遠に子供のそばに留まって助けることができないからである。

たとえば、4歳の子供に直接服を着て靴を履きようにすること、10代の子供に直接洗濯機を回して洗濯物を干すように教えることが子どもたちに生存に必要な生活技術を教える方法である。

2001年に行われた研究によると、甘え親に依存して育った子供たちは、次のような認識を持って大きい可能性が高い。

1.知的で、豊富で、創造的でなければ満足していない。

2.私の幸せは私の好きな人にかかっている。

3.過程で、あるいは部分的な失敗は、全体の失敗や同じだ。

4.人生の多くの良いものを逃す幸せすることができない。

5.一人では不幸である。

6.誰かが出て意見が合わない場合は、その人は私を嫌うだろう。

7.私の幸せは、自分自身よりも周りの人にかかっている。

8.私はしていたことに失敗した場合、私は人として失敗したのだ。

子供を台無しにしない法

家の中を平和静か維持するために子供に継続してプレゼントを抱かてくれれば子供は、現実の世界の基本を知らない人に育つだろう。 親がしなければならない最も重要なことは、子供にルールを教え強調するものである。

1.ルールに忠実でありなさい。 子供が幼いときから泣かないで、群れを使わずに待っていれば欲しいものを得ることができるという事実を教えろ。 また、あなたが言ったことは必ず保って、子供にルールと一貫性のあるものと伝える必要があります。

2.子供が家事を助けること。 自分が使用したおもちゃを片付ける日、キャンディーの包装のように自分が食べたおやつで出てきた小さなゴミを直接しまうことなどの小さな家事もよい。 子供たちが責任意識を持つようにすることが重要である。 じっと待っていれば他人がしてくれるのではなく、必要なことは、自分が必要ないという点を強調してください。

3.失望と失敗を経験するようにしてください。 子供も失敗することを学ばなければならない。 よう後で大きな失敗に直面したときにイライラしていない。

4.子供と取引していてはいけない。 たとえばあなたがこれをするとママが/お父さんがあれ社あげると言わいけない。 その後、子供たちは、すべてのことについて補償を期待して要求することになる。

5.すべての日に「だめ」と言わない。 子供がしたいすべてのことに反対するなら、子供は自分が悪い子供だと思って、さらに傾い方向に育つ。 子供の行動や要求は、合理的であれば、正の方向に子供がそれを楽しむことができるよう支援するという。

6.子供を過小評価してはいけない。 必要なもの必要なものの違いを教えて欲しいことがあれば家事を助けるなどの仕事をするように作りなさい。 子供の問題ではなく、解決してくれてはいけない。 子供が自分で苦労して解決するように置かなければならない。

親が子供に必ず必要は物質的な価値はない。 子どもに適切なルールを知らせ、子供を正しい方法で懲戒するものである。 子供が誇りあり責任ある大人として育つようにべきである。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!