Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]子供を過剰保護する「ヘリコプター養育」その特徴と影響は?

/
/
/


子供にずっと過度に多くの関心を持つ親たちがいる。 親の立場では、子供に愛情を表現する方式であることがあっても、子供が成長するには、問題になることがあります。 ヘリコプター育児(Helicopter Parenting)はヘリコプターのように継続して子供のそばにぐるぐる回る養育方式を意味する。 子供の周りをぐるぐる回って子供を過剰保護し些細なことまでも満員子供がほしいという通りだくれる方式である。 ヘリコプター育児という用語は、1969年のセラピストであり、育児教育のハイム機ナット(Haim Ginott)の著書である「親と十代の間(Between Parent and Teenager)」とは、本に初めて使用された。

ヘリコプター育児の特徴とマイナスの影響

自分がヘリコプター育児をしているという事実を知らずにいる親も多い。 これはヘリコプター育児は愛との名目で子供を過剰保護するものであるからである。 親は子供のために最善を尽くしていると考えて、自分の行動が間違っていた感じなくなる。 ウェブMD(WebMD)によると、ヘリコプター育児のか区別することができる方法は、次のとおりである。

ヘリコプター親は常に子供の周りに回ってことを好むので、子供の宿題をしながら、子供の学業に関与しようとする。 数学の問題を解く困難子供をすぐに助けてくれたりする。 しかし、米小児科学会は、子供の回復力を育て与えるためには、適切なストレスが必要だと明らかにした。 親が継続して子供の宿題を手助けしてたら、子供は問題解決能力を養う機会を失うことになる。


ヘリコプター親は子供がスポーツをするときは、常に一緒に参加する。 子供がゲームをする姿を注視しながら細かいものまでコーチしてくれる。 スポーツは子供たちが葛藤と敗北を克服し、目標に向かって進み行き、リーダーシップを育てることができる機会になる。 しかし、親が常に子供を注視していると、子供がこのような能力を啓発する機会を失うことになる。

子供の友達の家に歩いて行くことができる近い距離にもかかわらず、車で送ってくれたり、子供が大学に入った後も、一挙手一投足を確認する文字を送信する場合、子どもは自信や自立心を育てなくなる。 このように、子供のためにメイドのように何でもしてくれるのは、本当に子供をひいきではない。 子供は自分の寝床を整理したり、自分の洗濯をしなければならという責任を感じなくなる。

ヘリコプター親は子供を柔らかい存在に思って過度に保護しようとしている。 また、現実世界と向き合うためには、様々な試みをしてみミスもみにもかかわらず、ヘリコプターの親は子供が失敗することを望んでいない。 これらの親の下で育った子供は、成長し、問題を解決することを困難にすることになる。


適切な介入が重要である

親が子供の生活の中で過度に干渉してはならない。 リチャード・ライアン(Richard Ryan)とエドワード・デシ(Edward Deci)の自己決定性の理論(Self-Determination Theory)がこれを裏付けてくれる。 この理論は、人間は生理的ニーズが満たされると、心理的なニーズが行動に動機を与えてくれるを示す。 ここで言う心理ニーズに社会的に接続なろうとする関係欲求、特定の能力を習得したい有能さへの欲求、自分で何かを解決しようとする自律性への欲求が該当する。 これらのニーズが満たされると、幸せで安定した生活を送ることができる。

また、心理学者であるマイク・ブルックス(Mike Brooks)は心理学、メディア間エコロジー今日(Psychology Today)に書いた文を通じてヘリコプター親は子どもの能力を信じず、子供を取ってくれるネットの役割をすると述べた。

子供を育てるには一つの正解だけではありませんが、ブルックスは権威的な育児方法が正しいと主張した。 彼は権威的な育児を介して子供が欲しいものを全て提供してくれるより適切な手順については、限界、愛を提供して教えることができると述べた。 子供が成長し、親は子供に関与することを減らすが、子供は自由でながら責任を持って生きる方法を学ぶことができる。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!