Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]子供サイバーいじめの症状と解決策

/
/
/

子供が学校に本格的に通い始めると、新しい友達を会い交友関係を増進させることもできるが一方嫌がらせの主な対象になることもある。 今日の嫌がらせは言葉や、あるいは非言語的な方法でインターネットを通過する傾向がある。 親は、これらの点をよく認識する必要がある。 私の子供がもしかしたら分からないサイバーいじめを喫し犠牲者になることもあるからだ。 子供のサイバーいじめについて調べてみよう。

サイバーいじめと

最近の子供たちとのオンラインは切っても切れない関係だ。 学業だけでなく、友人との社交活動をするすべてのインターネット装置は必須では久しいで、これは徐々に子供たちがスクリーンに消費する時間を増加させる要因になることがあります。 さらに、技術のレベルの発展のために多くの子供たちがソーシャルメディアを活用し始めつつ、このプラットフォームは、サイバーいじめの主な通路になっていく形である。

サイバーいじめは誰か、インターネットを介して他の人をターゲットに脅迫したり苦しめ、当惑に作ることで、子供たちは、オンラインを通じたさまざまな方法でこのような行動をコミットします。 例えば、テキストメッセージや電子メールを介し相手を悩ますこともあり、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムのようなSNSで被害者にウィᇂビョウル加え厄介口コミや虚偽の情報をでっち上げである。

また、被害者の許諾なしに、オンラインで極めて私的な写真を上げてパットたりもする。 これより巧みに活用して、相手を困らせることができる写真を名分三脅迫して困らせることもできる。 写真や映像の場合、犠牲者の服装方式や行動する方式など、非常に詳細な情報を上げ苦しめる。 ブログやウェブサイトなどの犠牲者のためにわからない噂や嘘ゴシップをパットしたり、被害者の個人的な情報や写真を利用上げながら、プライバシーを侵すものである。

サイバーいじめの被害者の感情的な症状

サイバーいじめはどのような児童も発生することができる。 これ親は子供が感情的そして精神的に常に保護されるようにすることが重要である。 このような被害にさらされると、恐怖やうつ病、不安、誇りの下落などの症状だけでなく、身体的な苦痛そして学業遂行の困難にすべてを一度に表示されることができる。 サイバーいじめに苦しむ子供たちが共通して感じる感情的な症状を公開する。

1.脆弱性と無力感:これ以上の自分が安全でないと感じたように、外に出て脱出することができるところがないと考えるようになる。 これは心の平和や快適さを見つけるのは難しい。

2.自分の不満:ほとんどの場合、サイバーいじめの犠牲者が最も脆弱な存在で残る。 このような経験をした後は、自分の価値なく感じながら、自分の感情に反応して、自分の害を加えることもできる。 また、自分の価値に疑問を抱き始めている。

3.生活の無関心:サイバーいじめを一度経験すると、自分が好きだったものにも興味を失って関心が消えることがあります。 家族や友人とも多くの時間を少なく送ることになる。

4.隔離され、孤独:いじめの経験により、疎外されて排除され、孤独な感情を感じることができる。 しかし、まだ他の人との関係を構築したい気持ちが桁ため、さらに痛みは倍になる。 自分の家族や友人にも心を閉じて、自分孤立させたりする。

5.自傷と自殺衝動:犠牲者は苦しい経験により、もはや生活をしたくないと感じることができる。 自分が絶えず脅かされており、オンラインで自分の存在が非常に恥ずかしく苦しいので、絶望的であるしかない。 その結果、これらのすべての苦しい経験を避けるために生活を終了するには誤った考えを持つことができる。

解決策

子供がサイバーいじめを受けているかどうか、親は、各種の兆候や信号を正しく判別することができなければならない。 そして、子供がその対象とされた場合、これを克服しながら、子供が一人でという考えをしないようにしなければならない。 いくつかの解決策を提示する。

1.投稿無視する:最良の方法の一つは、すぐに子供が自分の悪性投稿やコメント、メッセージなどを使えば反応しないようにするものである。 もちろん、自分自身を守るために本能により、このような行動は難しいことができる。 このような時は、親や他の信頼できる大人に報告するように教えるのが良い。

2.サイバーいじめの内容すべてを記録する:サイバーいじめは、ちょうど越えてはならない大きな社会的問題である。 これ親は、その事件をすぐに警察に通報して、証拠になることができるすべての投稿やコメント、メッセージを保存するのが良い。 ここでは、電子メールをはじめとするブログの記事やソーシャルメディアの投稿、ツイート、文字などが含まれる。

3.通信終了させる:子供が、FacebookやTwitterとインスタグラムなどのSNSアカウントを脱退するように積極的に説得しなければならない。 また、SNSの加害者をすべてブロックして子供と接触しないようにする。

4.サイバーいじめの影響を把握する:親は子供が状況をよく克服することができるようサイバーいじめの結果と影響についてよく認識することができなければならない。 子供の行動の変化を観察し、意思疎通を維持しつつ、子供が他の積極的な活動に参加させることが望ましい。

5.サポートと支援求める:家族や友人など周囲の人々の上にとサポートは、大きな力になることができる。 あるいは専門のカウンセラーを見つける子供が自分の否定的な経験を克服することができるようにすることが有効である。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!