Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]子供ADHDだけ痛みを伴う親ADHD、克服方案は?

/
/
/

通常7歳以前に注意と衝動、多動障害表示される児童精神障害を注意欠陥多動性障害(ADHD)とする。 しかし、この障害は、絹の子供だけ発生するのではなく、大人も苦しむことができる。 これ親がADHDを患っている場合は、子供に劣らず、親の障害の治療にも非常に重要である。

臨床心理学者であり、シアトル小児病院のADHDと関連障害プログラム(PEARL Clinic)の責任者であるマーク・ステイン博士は、ADHDにあり、家族履歴が重要に作用するものと判断したが、病院で診断された子供の親のうち25%にもこのような症状を示すものと推定した。 博士はまた、ADHDの基準を満たしながら、症状まで見える親の大半は、まだ自分のADHDの症状を認知できず、診断も受けていないと憂慮した。 これは成人ADHDに対する理解不足と診断される場合受けることができる偏見やスティグマのためであると思われる。

成人ADHDと子供ADHDの症状と影響、および緩和策について調べてみよう。

ADHD親が子供に及ぼす影響

ADHDに苦しんでいることすら知らない親は、親としての正常な機能と役割を子供たちに教えるために困難になることができる。 養育ということが容易ではないことであるので、症状を持つ親たち立つ負担と重圧感が相当することができるからである。

まだ自分の症状を認知していない子育てやニーズに応えるために苦労使うが、必要な技術が不足して子供の日程や行動、およびその他の必要事項を管理するストレスを受けることになる。 ステイン博士は、このような親のうつ病の治療を強調しつつ、親のADHDの治療が子供と親の両方に確実に役立つ可能性があると説明した。

した研究では、特にADHDを患う親が同じようにADHDを患う子供の症状を世話することは効果が減ることが発見された。 似たような障害を持つ親は、子供の処方箋を作成し、他の保険関連業務を進めたり、治療の約束をとるなどのすべての関連の過程で非常に不足し能力をさらすため、むしろ子供に必要な治療を妨害することができるというものである。

通常の親なら、子供の薬の服用やその他の治療プログラムを適切に管理して監視する必要が、ADHDの症状がある親ならこんなすべてのものを適切に処理できない可能性が高い。

母のADHDの症状

ほとんどのADHDを経る女性は、正確な診断を受けたり、あるいは、今後数年が経過するまで、このような症状に気づいていない。 最も一般的な症状は、過剰と衝動的な行動ではなく、不注意な行動である。 専門家は、女性が適切に症状を認知していない理由で男性に比べて学生時代に破壊的で攻撃的な行動を少ないからだと説明した。 しかし、慢性的には十分に混乱解体的な行動を見せている。

臨床心理学者であり、児童精神研究所のADHDと行動障害センターの責任者であるデビッド・アンダーソン博士は、深刻なストレスを受けて仕事と家庭生活の中ですべての種類の仕事を経験する母親を見ると、不安や抑うつに苦しんでいることを知ることができていると、特定の部分で欠乏した現象が見えなくても、不安と抑うつだけしっかりとした生活をすることができないと示唆した。

博士はまた、このような女性は、自分がすべきことについてよく知っているので、自分がきちんとしていないことについて罪悪感などの負の感情を持つと述べた。 しかし、現実的に正しく実行することは容易ではないということ。 これらの問題を解決することができる最良の方法は、自分がすべきことを覚えているために、論理的に管理することができるように教えてくれるだろうと述べた。

専門家は、ADHDの親が正確な診断を受ける、罪悪感とストレスの少ないことができると助言した。 しかし、症状自体を認識していないため、職場や家庭、子どもの養育に苦労するしかないと指摘した。

父のADHDの症状

父がADHDの症状を経験することも痛みを伴うことである。 父と呼ばれる役割は、家の中で生計に責任を負う存在という概念が大きいため、それ自体で責任が課せられるからである。 もちろん、症状を持ったからといって子供と十分に良好な関係を維持していないわけではない、健康状態が子供との関係を妨害することができる。 そしてこれを防止するためには、非常に大きな努力が必要である。

最も代表的な症状としては、低自尊心だ。 しかし、闘志と意志がある場合は成功する可能性も高く、子供との関係でもストレスの少ないことができており、変化を遂げることができる。 そのためにはADHDの母親のように、まず正確な診断と支援を受ける方がいい。 専門医と相談し、症状の薬物治療や怒りの管理などの適切な治療を受けて、他にも熟練したセラピストとカウンセラーと安定した相談を通じて、適切な養育を導くことが重要である。

ADHD親がADHDの子供に愛を表現する方法

親と子の関係は、健康状態に関係なく、お互いの生活の中で非常に重要である。 親の養育は子供の成長と生活を変えるせる非常に影響力が大きいからだ。 親がなく育てられた子供は他の子供よりも人生を生きていくより難しいことができる。

したがってADHDを患っていても、親は子供に無限の愛情を与えて絆を強化しなければならない。 子供の良い習慣を開発することができるよう励ましや励まし、信念、助けも与えることができなければならない。 これらのことをしっかりとやっていくためには、子供に無条件の愛の受け入れを与える適切な方法を学ぶことが重要であり、これらの確固たる信頼を介して子供と何でも会話することができる関係という点を認識しなければならない。 これは子供にとって親が自分が頼れる存在であることを思い出させる。

特に、他の人の前で子供を厳しく非難したり、叱ることは避けなければならない。 怒りが毛先までの車になったとしても、瞬間の言葉を吐き出すネンヌ代わりに、自分の感情をまず治めて客観的に状況を話すことができているときまで待つのがいい。 これは、子供との不必要な対立を減らしてくれて、親と子の間の円滑な意思疎通において開放感を植え付けることができる。

逆に子供が正しい行動をしたときは賞賛を惜しまはならない。 子供にさらにインスピレーションを吹き込んでくれて子供が自分で愛されているという感じがするように表現しなければならない。 常に肯定的な発言をするようにして、子供に指摘を加えるときは、建設的な批判がされるようにする。

最も重要なことは、できるだけ多くの時間を一緒に過ごしながら、子どもが親と一緒に時間を価値あるものに評価できるようにするものである。 ADHDを患っ児童に役立つことができる自助の技術を習得するように手助けして、誰もが達成できる現実的な目標を設定して、これを達成することができるようにするのが良い。 また、子供のユニークなスタイルと才能に興味を表現して弾力性を持つように導いてくれることが重要である。 これらすべてのもの子供の自尊心を高め、責任感と独立性を有するが、大きな助けになる。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!