Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]家族より友達の好きな十代の子供、友人に興味持つこと

/
/
/

十代には、通常、親しい友人との関係を重視しながら、これらに支持を得て依存する傾向を示す。 学校で一緒に勉強して活動している友人とほとんどの時間を過ごすためだが、さらに家族よりも友達を多く頼って信頼する姿を見せることが多い。

これらの友人という存在は、常に直面しており、いつでも打ち解けて話すことができる相手だ。 これ親は子供の友達にも関心を持って調べる必要がある。 良い友達に会うかもしれないが、悪い影響を及ぼし正しくない行動に導く友達と似合う可能性があるからだ。 子供と友達の友情は、どのよう判別すべきか?

子供の友達に興味持つ

友情というのは、十代の若者の生活に欠かせない存在価値だ。 家庭で見る家族よりも多分学校で毎日見るの友人がより慣れて快適感を与える対象となることもある。 また、家族以外の人との強い友情を積むことは、それだけ強力な感情を持つことができる能力と家族の外、他の人を信頼する能力があることを意味でもある。

親はこの時、子供の友人にについてもっと関心を持って知っていくことが重要である。 十代の子供たちは、親に露出、または非表示にすることがあっても友達とは打ち解けて会話する傾向が高い。 親が自分を理解していないと思う心が強いからだ。 結局、世代差という言葉になる。

子供の友達を知るための最も最初のステップは、自然に質問することから始めとされる。 子供の友人に興味や関心を見えるように努力しているのに、仮に友人が誰で互いにどのように時間を過ごすかについて、カジュアルなトーンで聞いてみるのだ。

その後は、下校後や週末に時間を私の友人を招待する方法を活用する。 子供の友人を対面するための最良の機会であり、子供たちがお互いに話をして行動する方法を見て、徐々に多く知っていることができる。

友人にも積極的に行動し、親が誰なのか質問し、それらと一緒に友達になることができるか見てみるのもいい。 特に共働きの両親なら忙しいスケジュールに子供やイベントに参加することができないとき、相手の両親にお願いをすることができる良い機会になることもある。

友情は険しいもの

一方、友達を作る友情を築くことは、難しい面も存在する。 周囲の状況に圧倒される傾向が発生する可能性のあるもので、この場合に、子供の性向と合わない場合、ややもする大きな問題につながることができる。 最も一般的な問題は、まさに疎外感である。

この年齢帯の子供たちは、常にどのようなグループに属し、そのグループのメンバーになりたい。 しかし、自分の意志とは対照的に、グループで認められていないか、または傾斜が異なる場合排除され疎外されている現象が発生することができる。 親はこの時、子供に何があったのか、そこから子供がどのように社会的スキルを活用して行動することができるかどうかを聞いて助言することができる。

このような場合でなくても、別の否定的な問題が発生することができる。 仲間からの圧力によって、子供が望まないのに仕方なく悪で不良行動をすることができるものである。 このような現象は、十代で苦しむことができる正常な仕事だが、薬物やアルコール、性行為などの多少危険な仕事に陥った場合、親として介入するのが賢明である。 子供に悪徳行為への影響とこれによりもたらされる結果について十分に話をして認知できるようにするものである。

有毒な友情に対処する方法

重ねて強調したが、親は子供のこれらの友人との友情関係に介入しなければならない。 子供が、最終的にけがをしたり、自分の生活の中に否定的な影響を与える有害な友情に浸漬することができるからで、これを注意深く観察し、これに対する適切な対応をすることができるようにすることが望ましい。 子供の友達との会話の中で悪い言葉に来て持つか、不良な行動をしたり、言及していないこと、常に注意深く見ることは重要である。

もし子供が友達との関係で幸福感が少ないか、憂鬱に見えるなら、落ち着いた信頼できるように確信に満ちた態度で子供に接近するのが良い。 そして子供が現在の感情をためらわずに話すことができようにしなければならない。 そして聞く。 下痢の子供が自分の感情を表わさない場合でも、子供に共感を表現し、尊重する姿を見せなければならない。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!