Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]強い紫外線からお子様の肌を保護する方法

/
/
/
▲子供たちは野外活動の多くするため、紫外線遮断にも注意を払う必要があり(出典=ピクサーベイ)

子供たちは、ビタミンDを吸収するために太陽の光をスェヤする。 ビタミンDは、体内のカルシウムの吸収率を高め、骨を丈夫にする。 しかし、紫外線にあまりさらされると、皮膚が乗ったり、やけどをすることもあり、白と黒の等人種に関係なく、すべての子供が日焼け止めを塗らない。

米皮膚癌財団(Skin Cancer Foundation)によると、一生のうち紫外線にさらされている期間の80%が幼年期に行われるとする。 しかし、紫外線に過剰にさらされると、やけどをすることができて、皮膚癌の一種であるメラノーマにかかる可能性が2倍高くなる。 夏の強い紫外線から子供を保護する方法は、次のとおりである。

1.日焼け止めを塗る

米皮膚科学会(AAD)は肌の色に関係なく、すべての子供たちは、SPF 30以上の日焼け止めを塗るのが良いと述べた。 外出の30分前に日焼け止めを十分に正しくなければならない。 香りカラフルな日焼け止めを使用すると、子供たちが好むだけでなく、逃す部分なしでより綿密に塗ることができる。 コ・耳・手・足・肩・首まで欠かさずバーできるようにしなければならない。 唇もやけどの恐れがありますので、紫外線遮断機能が含まれているリップクリームを塗るのが良い。 日焼け止めは、2〜3時間ごとに再塗らし、汗を流したり、泳いだ後でも、重ねて塗るならない。 日焼け止めは、長波長紫外線(UVA)と中波長紫外線(UVB)までブロック可能な製品であることを確認して、ビーチに行く場合には、防水されている日焼け止めを塗るのがよい。 日焼け止めを過度に少し塗る人も多いが、説明書に記載された量は十分塗らする。 また、紫外線を塗った後は、誤って目をこすらないように、必ず手を洗うならない。 防虫剤成分が含まれている日焼け止めはされるように使用していない方がいい。

▲紫外線遮断スプレー(出典=ピクサーベイ)

2.服で肌を隠す

紫外線から肌を保護するための最良の方法の一つは、服で肌を覆うものである。 子供に面的にされた大規模な衣類や紫外線遮断機能のある衣類を加えるのが良い。 水着など子供の衣類は、紫外線遮断機能が含まれている製品が多い。 紫外線から保護するために、手に服で覆うのが良い。 服、帽子、サングラスを着用することも重要である。 子供の肌は薄くメラニン色素が少ない発達しているので、大人よりも画像を着るやすい。 特に生後6ヶ月未満の幼児の場合陰にようにしように日光にさらされないようにしなければならない。 子供たちが野外活動をする場合には、大規模な傘やテントを用意して袖長く暗い色のシャツと長ズボンを着るようにするのが良い。 紫外線遮断機能のある服と帽子を書くことが最も重要である。

3.紫外線が強い時間帯には、屋外活動を自制する

午前10時から午後4時までの間には、紫外線が非常に強いので野外活動を自制するのが良い。 ぼやけたり涼しい天気にもこの時間帯には、まだ紫外線が非常に強いので、予期せぬ画像や皮膚の問題が発生することができる。 もし子供たちがこの時間帯に野外活動をする場合の家の庭でのみ遊んでも日焼け止めを十分に塗ってなければならない。

▲楽しく遊んで子供(出典=ピクサーベイ)

4.服用している薬がある場合は、皮膚に影響を与えるか確認してみる

抗生物質、にきび薬、処方箋なしで購入することができる一般的な薬の中には子供の肌に影響をまだ紫外線にさらに敏感になることができる。 ので、子供がこのような薬を服用している場合は、紫外線照射に特に留意して服で肌を覆って室内に留まることが最も良い。 この場合、日焼け止めだけでは十分な効果がないこともでき、医師や薬剤師に相談するのが良い。

5.サングラスを着用する

紫外線は皮膚だけでなく、目にも角膜画像などを損なうことができる。 紫外線にあまりさらされると、視力が低下することもある。 ため、紫外線を100%カットしてくれるサングラスで目を保護するのが最も良い。 カラフルなフレームや漫画キャラクターが描かれたサングラスなど子供のサングラスの種類は多様である。 子供たちが自分自身のサングラスを均等にするのもいい。 UVAとUVB遮断が可能な製品であれば、あえて高価なサングラスを買わなくても効果は同じである。

子供たちが紫外線が過度に多く露出されないように保護することは重要である。 親が直接模範を見せ、子供たちが常に日焼け止めを塗る習慣を育てる場合、画像や皮膚の問題のリスクを減らすことができる。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!