Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]思春期の感情や行動の変化、ホルモンのせいではないか

/
/
/

思春期の感情や行動の変化がホルモンのせいではない、新たな研究結果が出た。 その中に思春期の感情や行動の変化をほとんどホルモンのためだと思っていたのとは相反する結果だ。

思春期と青少年の分離

思春期は、人間の発達過程の一部ので専門ガラスであっても思春期と青年期を分離することは困難である。 しかし、バッファロー大学の研究者は、シベリアのハムスターを用いた実験で、人間の発達過程の2つのステップ分離した。

研究責任者であり、バッファロー大学心理学助教授であるマシュー・ポールは、「思春期と青年期は、同時に行われる。 もし、そのどちらかが他方を誘発するかどうかを知りたい場合は、そのいずれかを削除する必要がある。 私たちは、人間を対象とそうすることができる方法を知らない。 しかし、シベリアのハムスターを対象にした実験では、その方法に成功した」と説明した。

一般的に、人々は思春期と青年期を同じように考えている。 しかし、生物学的観点から思春期と青年期は異なっている。 思春期と子供の身体の生殖軸が活性化され、子供が大人になる段階をいう。 つまり、女性の場合、胸が発達して、男性の場合、全体的な生殖器官の発達とホルモンの増加など身体的な変化が発生する。

思春期は、青少年の知的、感情的、社会的側面での変化が表示される時期だ。 思春期の子供たちは、精神疾患、危険度が高い行動、仲間からの圧力などにより、容易に振り回さ。 この時期のティーンエイジャーは、家を抜け出して、自分だけの地平を広げる。

研究者は、二段階を分離するために、シベリアのハムスターの季節繁殖特性を利用した。 繁殖期間中、早期に生まれたハムスターは、昼が長い時期に育つので、思春期にもすぐに来る。 一方、繁殖期間中、後半に生まれたハムスターは、昼が短い時期に育つので、思春期が遅くなる。 昼が長い時期に育ったハムスターは、生後30日ほど思春期を迎えており、昼間は短い時期に育ったハムスターは、生後100日ぐらい思春期を迎える。

実験で研究者は、ハムスターが受ける光の量を調節して思春期を遅らせ。 そしてハムスターモデルを二つのグループに分けたあと、行動の変化が思春期と関連があるか調べた。 グループは、光を十分に受けて、30日後の十代を迎えており、他のグループは、より少ない量の光を受けて思春期を遅らせ。

研究者は、動物の分裂、遊び、戦い、社会的優位性などの変化を追跡した。 分裂とハムスターが家を出て、自分だけの領土を拡張する段階だ。

ポールは「ほとんどの動物が遊び文化を持っている。 人も同じだ。 したがって遊び文化は非常に重要な機能を実行する可能性が高い。 私たちは、ハムスターから調べた内容は、他の動物にも適用することができる」と述べた。

観察結果分裂段階は、両方のグループのハムスターに同時に発生した。 光を少なく受けハムスターの分裂の段階では、さらに思春期が始まる前に終わった。 すなわち、思春期のホルモンの変化が行動の変化を誘発したことがないという意味である。 ハムスターの分裂過程には、思春期のビシンペジョク変化が影響を及ぼした。

ポールは「この研究結果は驚くべきだ。 ほとんどの人が今までの行動の変化に思春期のホルモンの変化が関与すると考えたからである。 しかし、我々の研究は、それが事実ではないことを裏付けるっす」と付け加えた。

研究者はまた、思春期の精神障害に関連する研究が重要であると述べた。 思春期の非物理的な変化が思春期十代に突然精神障害が発生した理由を説明することができるからである。

思春期の非物理的な変更

思春期には、知的、感情的、社会的変化が起こる。 このような変化の目的は、一般的に成人になるまで成熟なるのである。

1.知的変化:若者は、子供たちに比べて、より良い考えを持つ。 これは、現在のだけでなく、将来の仕事にも同様である。 また、生活の中で起こる多くの事件と課題から、自分だけの選択を下り、試行錯誤を経験し可能性を発見することができる。

2.感情的な変化:若者は、より複雑な感情を感じる腹が立ったり、刺激を受けた時の感情を調節することができる。 友情、他人との関係、自己憐憫などを感じている。

3.社会の変化:思春期社会の変化の最大の原因は、仲間からの圧力である。 青少年は、周囲の環境によって、自分のアイデンティティを探すになる。 この時期には、家族以外の人との親睦を図る傾向がある。

ウィンドウ少年期が開始されると、10代の親から離れようとするが、親たちは、この時期にも継続的に子どもたちに関心を持って子供を支持しなければならない。 十代は自分が本当にしたいことが何なのか、絶え間ない実験をする必要があり、親は子供が危険に陥らないように助けるべきである。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!