Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]息子の心臓を移植を受けた人と会った母

/
/
/

自分の息子の心臓を移植された患者に会った母親が米国で話題になっている。

主人公はアンナハートであり、彼女は母の日に3年前に自分の息子の心臓を移植受け存続患者ゲイリーフリントに会った。

アンナハートの息子ペイターンハートは2014年5月のレース用バイクに乗って事故で死亡した。 当時、彼はヘルメットを着用していなかったバイクファンにはめる風に深刻な頭部損傷を負った。

ペイターンは彼の母親の反対にもかかわらず、事故が発生し、数週間前、臓器提供の登録をした状態であり、息子の意に沿って臓器を寄贈した。

心臓に問題があったフリントの唯一の治療法は、心臓移植手術しかなかった。 当時64歳だった彼は、医師から心臓移植なし2〜3ヶ月しか買うことができないという判定を受けた。

しかし、フリントはペイターンハートの心臓を移植受け完治され、1年後に、彼と彼の家族は、病院を通じてハートに手紙を送った。

ハートはフリントに息子のことを話した。 フリントはペイターンと同様、自動車、オートバイ、音楽などの趣味を持っていた。

長年にわたるメール交換の末ペイターンの母は息子の心を持っている人と会った。

フリントは「今はこの世にありませんが、心臓が生きている息子を称えるために花束を持って、彼女を訪れた。 これらの感情を表現する言葉がない」と伝えた。

アンナハートは聴診器を使用しては息子の心臓の鼓動の音を聞くもしたし、フリントはペイターンの心臓の鼓動の音を録音したテディベアをプレゼントした。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!