Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]息子持つ親のためのガイドライン:「男女平等教育」幼い頃からしなければなら

/
/
/

周辺の他の人々を理解し、尊重するように子供を教えることは非常に難しい。 だからこそ子供ナイテから相手を尊重し、平等の価値観を植えつけることは非常に重要なことである。 特に息子を持つ親なら、今日広まった女性に向けたすべての歪んだ視覚に早くから正しい事故を植え付けることがこれまで以上に、より重要になっている。

両性平等の教え

まだ自然のままの子供たちは、肌の色や人種に基づいて人を判断しない。 また、性別に関係なく、すべてに平等に接する。 しかし、子供を最も近くで養育する親が両性平等に関する教えを与えない場合には、子供は慈悲心がなく、理解力が不足している人に育つことができる。

親は子供の一生の役割モデルであるという点を忘れてはならない。 親が先に両性平等に関する基本的な教訓と尊重を教えるなら、子供めぐる他のメディアやその他の環境的な要素は、子の事故に大きな影響力を発揮することができない。

子供たちはどのような枠組みにも合っていない、それこそ自由な事故を備えている。 これ親は、他の人と円滑かつ適切に相互作用することができる適切な方法を教えて、子供がこれをすぐに吸収し、適応できるようにすることが重要である。 つまり、人間らしい人間に育てること。

子供が本当に親が好きなように行動してほしいなら、まず役割モデルを自任して子供に自分の目で見せることが最も有効である。 児童セラピストのタラディクソンは、「ごめん」という言葉を子供にするのは、子供が感情ということの重要性を内面化させる非常に重要な単語と強調した。 子供は多くの場合、自分が感じるジュェチェクガムワ恥を認識したときに申し訳ないという言葉を使わなければならない必要性がある。 これは子供が自分の立場をしっかりと堅持できるようにしてくれる。

相手同意求める

今日性別の嫌悪感と不平等はこれまでよりも激しくなっている。 まさに性別によりれる無礼や羞恥心が広まっなりいるからだ。 全世界的に報道されている最新のニュースにセクハラは欠かせない定番メニューになってしまった。 スタンダードのニュースはこれと関連し、自分自身と他の性を尊重し、理解させる教育が重要だと指摘した。 そして、このような男女平等教育は最初に自宅で行うことが必要である。 性スペクトルの基本的な知識の習得と、合理的な方法で子供とその重要性に議論することができなければならない。

CBC放送は、青少年が相手の同意を得ることが必須であることを学校で教えを理解しなければならないと強調した。 これは、学校教育の陳腐と男女平等概念部材を指摘しているが、仮に学校で出す仮想のシナリオでは、常に少年が少女の唇を盗むケースがほとんどだからだ。 このようなシナリオでは、子供たちという点で、最初にただ可愛く愛らしい見えることが、特定の年齢に達すると、必ず相手の同意を求めることが重要であることに留意させるようにしなければならない。 家庭では、子どもが約5歳になったときに開始するのが良い。 早いナイテから、これらの概念を教えながら尊重と同意の重要性を認識しなければならないからである。

また、高齢者や女性を尊重できるように教えることも重要である。 子供の年齢に合わせて仮想の適切なシナリオやストーリーを作って理解しやすく教えることができる。 先に述べたように、親はすべての子供のロールモデルであるため、親自身が他の人を失礼に扱わないことが重要であることを自ら実践して見せなければならない。 これは子供にとって非常に重要なことであるという点を認識するようにしてくれる。

傷与える表現を正しく知る

親切で役立つ存在になることができるように、温和な気立てを持つように教えることができなければならない。 他の人に傷がされている言葉が何なのか伝え、こんな表現ではなく、より親切に感じられる、他の表現法を教えることは有用である。 特に女性虐待や不適切処遇や待遇については、適切に知らせることができなければならない。 親は子供の心の中に思いやりや共感、感情移入などの感情が不在であれば、これは他の人には過酷な印象を与えることができるという点に留意するのが良い。

少年と青年は性的捕食をはじめ、誤った性的指向、女性に対する暴力を正当化する、大人から遠く離れなければならない。 しかし、もし死神の子供が他の女の子を殴ったならば、これは必ずしも暴力であり、相手に暴力を使う行為が悪いの断固としっかり戒めをすることができなければならない。 ただし古城を上げたり、怒りを表出しながら教えてはならない。 子供には常に目の高さに合わせて討論と対話が最も重要である。 親は自分より弱い相手を攻撃することが、自分が強いことを意味しないことを悟らせなければならない。

ローリーボダル博士は、女性を相手にするセクハラや性暴行は非常に早くから始まると指摘した。 相手が「ノー」と話すのは、必ずノー」という意味であることを確実に実現しなければならないということ。 このような概念を実現することも若い年齢ほど、より良い。

セラピストのジェフリー・ルービンは、シカゴ・トリビューンとのインタビューでは、子供の頃世話をよく受けて収容的な環境で育った人の子供たちは他の人にしてなったり、傷を与える言葉や行動をする可能性が非常に少ないといい、家庭環境での親の教えがいかに重要かを改めて強調した。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!