Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]悪い親が悪い子供育てる、悪い親10種類

/
/
/

私たちはいつも子のために最善を尽くしたい。 子供の安全のために、子供が欲しい以上を達成することができることを願う心に最善を尽くしと信じる。 しかし、そのために、10代の子供と親の間には頻繁衝突が起こる。 子供の立場では、親が過度に過剰保護し、高すぎる基準を提示することで見えるから。

多分過剰保護は、親の宿命のようなのかもしれない。 私達はすべてそれぞれの成功が何かの考えを持っており、その考えに基づいて、子供たちに最善の何かを判断しようとしている。 しかし、単純な過保護を超え妄想または有害な養育方式にこだわっようになったら、最終的に子供との間には遠ざかるしかない。

不適切養育の特性

子育てにもいくつかの方法があることができる。 子育ての正解を知らせるマニュアルや取扱説明書、書籍のようなことはない。 誰の子供を産んで育てて見ずつ学んでいくだろう。 子育てに正解はないが、不正解はある。 特定の養育方式は有害であることができること。 ところが、誰もが自分だけの育児主観があって見たら、自分で間違った子育ての方法で子供を育てているにもこれを気づかない場合も多い。

「ファータイルシック(The Fertile Chick)」は、誤った子育てについて「子供に渡される行動で、現在そして将来の特定の種類の精神的、肉体的または心理的な損傷を引き起こす可能性がある行動」と定義する。

育児専門ウェブサイト「ためブキッズ」は、誤った養育方式について、次のように言う。 「多くの親が子供を教育ハンダプシゴ、あるいは癖を直したダプシゴ子供の自尊心にマイナスの影響を与えたり、あるいは逆にすることができないほどの損傷を覆わ養育方式を使用する。 自分の子供を傷つけることも知らずにひたすら子供のためのものと信じる。」

以下のような行動をしているかどうか、自分を確認しましょう。 誤っ育てることは、子供を精神的に、物理的に荒廃する。

1兄弟、姉妹、または他の家の子供を比較する

他の子どもや兄弟、姉妹を賞賛すると、問題の子供が深い反省と悟りを得て、あなたが希望する優秀な子供に変わると思いますか? 申し訳ありませんが、実際にはその逆のことが起きる。

子供を他の子供と比較することは誤ったことであり、絶対にしてはならない行動である。 すべての子供は、各自それぞれの才能と特性を持って生まれた。 子供の固有の特性を認めてくれず、「なぜ他の人のようにされていないのか」とせきたてならば、子供の自分の価値のない人だと思うようになる。 他の子供と比較することはやめて、アイデンティティと特別さを認知して開発できるように支援することが、親がすべきことである。

2生まれつきの能力、性格、特性を非難する

時には血なかっあるという話をあまり固く信じて、子供が出て同じ大人として成長と考えている親たちがいる。 明らかに子供は親の遺伝子を受けやすいたが、いくらでも自分だけの習慣や特性を発達していくことができる。 生来の傾向や特性そのものを批判する親は、事実上、その子の自尊心と精神的ルーツを破壊することに他ならない。 自分のアイデンティティーそのものに批判受けて育った子供は、自尊心が低いだけでなく、自らの価値なく認められることがない人だと感じている。

3順応を強制する

子供が無条件に自分の言葉に応じて順応しなければならないと信じている親も少なくない。 これら自身が言葉と行動は、すべての子供の安全と健康のためのもので信じ、子の生活の細部まで管理し、制御しようとしてくる。 子供が独立して何かを試してみる機会自体を許可していないため、意思決定能力を育てるのも難しい。

このように順応を強要する親は子供の一挙手一投足を統制しようとしてくる。 例えばいくつかの服を着るか、どの程度の成績を維持する必要があるかだ。 子供はかなりの圧力を受けるしかなく、疲労度はたまっていくだろう。 結局、親と子の間にドルイキギ難しいほどのゴールが生まれてしまうかもしれない。 例えば、子供が持って生まれた才能があるにもかかわらず、これ放棄させ、より現実的な進路を求めることを余儀なくされることも順応を強要する親の例示とすることができる。

4ミスを続けて指摘する

ミスとは生活の一部とも同じである。 世の中にミスを犯さない人はなく、すでに犯した間違いを元に戻すことができない。 私たちができることは、ただ、すでに犯した過ちから何かを学ぶことである。 この事実を知らない親は、子供がすべてで完璧を期待する。 ミスとは、致命的な傷であり、容認できない罪だと思っているこれらの子供に不可能なほどの高い基準を強要する。

このような親から育った子供は、そのいくつかのリスク支持しないようになる。 ミスを恐れている子供は、自分が知っていること、おなじみのもので、一歩も外に出たくない傾向を持つようになる。 消極的性向により、ピアグループでいじめにあう確率も高い。

5子供の夢、目標、願望を不可能だと粉砕しまう

生きながら経験の中で最も苦いのは、おそらく拒絶されるだろう。 ところが、私拒絶した人が、他の誰でもない、親であれば、? 子供の夢を折ってしまう親が有害な理由がここにある。 これらは単に「非現実的である」とか「高すぎる目標」という理由で夢を湿らせる。 結局、子供はあまり満足スロプジド、自分で望んでもない、安全で正常な仕事以外に挑戦してみるつもりをしないようになるだろう。

6子供の人生を代わりに生きてやろうとしたり、進路を代わりに計画する

子供の人生を一つ一つ干渉することを好む親がある。 子よくことを願うことが、親の心であっても、かといっ子供の人生を代わりに生きて与える勢いですべてのものに干渉しようとしに入って困難である。 親たちは、自分が事前に計画しておくと、子供が安全によく購入すると考えている。 そのような行動が子供を助けてくれるだろうとだ。 出生から結婚、仕事の選択に至るまで、生活の全過程で、常に子供より親の意見が優先だと思う。

7成績を基準に能力と知性財団する

学校の成績だけを持って能力や知性を判断する親は、最終的に子供たちに、「あなたは平均以下だ」とか「君は愚かな子供だ」と言うのと同じである。 このような親には1等以外のスコアは何の意味もない。 このような養育が続けば、子供は勉強に興味を失うされ、「本当に私はモンチョンハンガより」と考えている。 実際には全くそうでないのにだ。

8子供の否定的特性に執着する

完全無欠で堤的であり、すべての面で完璧な子供を望んでいる。 自分の期待に少しでも外の部分がある場合は、これ直し変化させなければならない部分だと思う。 自分が希望する枠に合わせて子供を言い張っ入れようとするものである。 子供は自信が不足しかなく、さらに外観や職業などについて他の人をたくさん意識するようになる。

9賞賛節約

賞賛にけちで、批判するだけ好む。 子供は賞賛を食べ育つということ、賞賛を与えるほどの子供の基存続自信が生まれることを、これらを知らない。

10盲目的に従う強制する

誤った育児をする親は従順な子供を好む。 これら親の言葉が絶対だと思う。 ためブキッズによると、これらの親は子供を所有物として見る傾向が強く、そのため、自分が好きなように命令して操縦し、プログラミングすることができると考えている。 子は何があっても、親に服従しなければならないと固く信じている。 好みで変えていくことができる子供が好きで、自分たちの主観を掲げ、親の基準に合わせてくれない子供に脅威を感じている。 このような親の下で育った子供は、自信が欠け、否定的であり、消極的になる。 無力感を感じるのも当然である。

すべての親は、子供たちが幸せにできるようにするために努力する。 そして子供にいつも最高のものだけを与えようとする。 残念ながら、意図がどんなに良いとしても方法が間違ってたら子供に深く痛い傷だけ残す。

子供は子供らしく育ったときに最も幸せである。 成長する過程で、世界を学び、経験しなければならない。 独立した大人としてコガルできるように、問題の状況が生じても、これを自身で解決できるように指導してくれること、必要なときにいつでも、親が自分の味方になってくれるという確信を与えることこそ、親の役割である。 家族は難しいことが近づいた時戻っ休むことができる避難所になってなければならない。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!