Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]技術の発展が生んだ家庭間の不平等… 「宿題格差」とは?

/
/
/

学校に通う子どもを持つ親なら、子どもの宿題手伝うが日常の一部になったのだ。 このように、学校に通う生徒には避けられない宿命的な宿題。 しかし、この宿題も今の技術では、格差が広がっている。

インターネットの発達は、世界中の多くの学生は、特に低所得層家庭の学生が直面する「宿題格差」という新しい現象を作り出している。 つまり、一部の学生は、自宅でのインターネット接続部材に宿題をきちんと完了できない事態が作られるだろう。

技術と宿題格差

過去数十年間の技術は、人間がこの世を生きていく方法の変更をもたらすた。 世界中の多くの産業にも影響を及ぼしており、教育システムの革新と改善を支援した。 特に教育の部分における技術は、現在、教室で子供たちを教える学習ツールがなって久しい。 米国だけでも、教師の70%ほどがオンラインを介して行うことができる課題と宿題を出してくれている傾向であり、したアンケートによると、学生の半分に近い478%がオンラインで宿題をしていることが分かった。

しかし、これらのデジタル学習の登場は、副作用ももたらす。 そしてこれは、技術へのアクセスが一般的でない地域に居住する学生に適用されており、不平等を生んでいるとの指摘を受ける。 実際ピューリサーチセンターに異なる場合、学校に通う子どもを持つアメリカの家庭の15%は、まだ家で高速インターネットが不可能なことが分かった。 最近ピューリサーチは、独自の分析を介して十代の若者のうち、17%がデジタル機器や高速インターネットの不平等なアクセスで、宿題をきちんとこなすことができない状況に置かれたと指摘した。

これに関連し、インターネット接続が不在な十代の若者を支援する団体である「ワンミリオンプロジェクト財団」のジョン・ブラ南専務理事は、宿題の差が、長期的に学生に大きな影響を与えることができると述べた。 安全で予測可能であり、生産的な環境での宿題を完了する上で、直面している必要があり、これらの課題は、、子供が最大限の可能性を発揮できる能力に生涯影響を与えることができるというものである。

さらに、一部の人々は、技術教育システムを発展させるものと期待している。 代表的に、テキサス大学のクレイグワトキンス教授は、技術へのアクセスを提供するだけで子供のためのより良い学習の未来を創出することができるものと信じてますが、常にこのようなことが通じるわけではない現状を指摘した。

親の役割

親は子供が健康的な方法で学業を終えることができるように重要な役割を担うことができなければならない。 もちろん、ほとんどの場合、宿題を手伝ってくれることはありますが、かといっあまり介入することはまた否定的な影響を与えることができる。 子供たちが必要な組織の技術を学ばないことがあるからだ。 これ学生としての責任を認識するのに時間がかかるということを認知して忍耐を持つことが賢明である。

これ親は積極的に宿題手伝うに介入するよりは、他の選択肢をソースまたはソースにする方法を教えてくれることを考慮してみることができる。 子供の学業課題を助けることができるいくつかの方法を紹介する。

*子供がリードするように作成:親の指導と子供は自分で宿題を終えることができるよう、自分が直接導いて行くことができなければならない。 親はまず子供が宿題を開始し、終了する時間を設定し、これらのスケジュールから外れた場合、それに相応した結果を得ることになると明らかに話してくれることができなければならない。 また、学業の課題の重要性を思い起こさせてくれる遅延した場合に発生することができる負の影響も認識できるようにしなければならない。

*生産的な環境づくりに:子供が宿題をきちんと済ませたており、快適で安全な環境が提供されることが必要である。 また、コンピュータ、TVのような気が散るしたデジタル機器は離れて、宿題をするために何も邪魔されないようにしてくれることができなければならない。

*宿題ブログ、親ポータルは、学校のウェブサイトを活用する:インターネットを除いてでも、子供たちは宿題をきちんと果たすことができるいくつかの選択肢があります。 タスクを完了するのに役立つ、これらの方法を把握して活用すれば、助けになる。

*子供に動機する:最も重要なことは、子供が自分で宿題を終えるという事故を持たせるものである。 つまり、適切な刺激が提供されることがなければならないこと。 例えば宿題が終わるまで、電子機器を使用することができないようにするものである。 あるいは宿題を終えた後は、これに伴う補償を提供し、子供が宿題を自分でするように促すのが良い。

しつこいは禁物

時には親が無意識のうちに、子供の宿題にあまりにも多くの気を送ることもある。 これはすなわち、親の小言につながる可能性がありますが、それよりも、子供が刺激を介して自分の学業の課題を終えることができようにすることが重要である。 昨年発表された研究によると、子供が独立して宿題をすることができるよう、親が支持して督励する場合子供は、さらに最善を尽くすことが分かった。 一方、宿題をするように絶えず小言をする場合には、子供の宿題完了に全く役に立たないことが分かった。

ただ子供に小言をし宿題完了のみ執着すれば、子供の自己規律と責任意識の全く肯定的な影響を及ぼさない。 むしろ親にさらに依存するようになることがあり、副作用が発生することがあります。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!