Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]授乳2年以上受けた子供の虫歯の可能性高くなり、

/
/
/
写真出処:ウィキメディア

最近母乳が乳がんや卵巣がんなどの発症の可能性を下げるには、世界保健機関の発表に続いて、出産後授乳を計画する女性が多い。

国際学術誌「小児外科学会誌(Journal of Pediatric)」に発表によると、母乳を2歳以上まで継続すると、深刻な虫歯のリスクが増加するという研究結果が出た。

オーストラリアアデレード大学の主執筆者であり、助教授の文レーザー・ペレス博士は、母乳授乳を2年以上受けた子供は、主に夜に母乳を要求するタイプで、適時歯をきれいにするのが難しいと説明した。

研究チームは、ブラジルのフェロースで子供1,129人を対象に、砂糖の摂取量と授乳行動を分析し、2年以上母乳を受けた子供たちは、1年未満授乳を受けた子供に比べて激しい虫歯に苦しむ危険性が2.4倍高いという研究結果を伝えた。

歯科医師で、米国歯科医師会の女性スポークスマンであるルッチ社好博士は「かつて虫歯を予防するためにお母さんができる最善のことがある」とし「母乳は砂糖が含有量されており、これはまさに赤ちゃんが好きな理由”と述べた。 続いて「しっとり布にフッ素歯磨き粉を埋もれ日に2回うがいさせる歯の虫歯を除去するのに役立ちます」とし「誘致が上がってくると、歯科に訪問することが非常に重要である」と述べた。

社堀田博士は、赤ちゃんが虫歯予防のために生後24ヶ月まで母乳をすることが赤ちゃんに良いことだと付け加えた。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!