Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]日「シニアボックス」…高齢化社会の暗い断面

/
/
/

日本の長期的な景気後退と高齢化が高齢者の組織的につながっているという問題が提起された。

「シニアボックス(Senior Citizen Postboxes)」は、日本の高齢化社会の暗い断面を克明に表わしている。

シニアボックスは、家族と一緒に訪れた老人に、地域の老人ホームを接続するところである。 扶養する都合がされていない古い親を捨てる「オーバーステア」の現代版という指摘を受けている。

高麗葬と類似した形態である日本の「オーバーステア」は食べていくのは難しい境遇のために古い親を捨てる習慣を意味する。 過去の山の頂上から起きたことは、現在の都心で新しい姿で起きている。

100歳時代を迎えた日本の高齢者人口は、総人口の4分の1を占めている。 一方、生産人員は比較的減少した。 人口崖が形成され、社会的単位を超えて一人一人も、社会安全網のコスト負担増を抱えている。

埼玉県だけで1年に10人の高齢者が遺棄されている。 これは、サブ貧困国の高齢者全体ユギスより多くのことが確認された。

先月30日、日本の社会運動家カティ狙う藤田は、ロンドン・タイムズとのインタビューで、「一定の所得があるが、まだ貧困に苦しみ周辺の助けを受けられない人々がいる」とし「他人に助けを求めて言うために恥を感じた見ると助けさえリクエストしていない」と述べた。

彼はまた、「捨てられた老人たちは、通常、きれいに着飾った状態で発見された」と「高齢者を注意するが、よりは耐えられないのに、このような悲劇が生じるだろう」と付け加えた。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!