Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]日シルバー世代は、「幸福」より「金」

/
/
/

日本のシルバー世代は「幸せ」より「お金」が重要である。

日本の広告会社博報堂(博報堂)が立てた「博報堂生活総合研究所」によると、日本の銀の世代の40.6%は、現在「ドン」が重要だと述べた。 一方、「幸せ」は15.7%に過ぎなかった。 この研究では、昨年2月、首都圏に住む60〜74歳の高齢者700人を対象に行われた意識調査である。 1986年から10年ごとに同じ方法で実施される。

20年前、日本の銀の世代は幸せが先だった。 1986年のような調査の結果、「幸せ」は31.1%で28.1%であるお金を上回った。 しかし、1996年の結果は逆転され、それ以来、格差は広がって、現在までに至った。

日本のシルバー世代に人生は手にあまる。 昨年の調査によると、高齢者のうち46.7%は、「将来は暗い」と答えた。 博報堂側は「高齢化に老後の生活が長くなった。 しかし、これからの生活が暗い状況で、高齢者が、現実的にお金を追求する姿で切実な心を垣間見ることができる」と分析した。

実際に日本の銀の世代の月の小遣い額も減っている。 今回の調査で、月の小遣い額は、過去30年の中で最も低い平均2万6,820円である。 10年ぶりに5000円減った。 2006年月の小遣い額は2006年である。 1996年にはこれより高い3万3450円である。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!