Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]日本の鯉が他の場所よりも長く生きる理由

/
/
/
写真出処:ウィキメディア

日本で育った鯉は日本国外で育った鯉よりも長く生きることが知られている。

日本に住む鯉は、平均40年には、日本国外の地域は15年まで住んでいる。 この中でハナコ(Hanako)と呼ばれるこの鯉は220年という歴史的な記録を立てることもした。

このような寿命の差がある理由は何だろうか? 寿命に影響を与えるいくつかの要因は、次のとおりである。

まず、日本とは違って、外国の飼育係が育てたコイはすぐに育つために必要以上の餌を食べるようになっ肥満と早期死亡につながる。

結果的にこれが外国で育つ鯉の寿命を短くさせた。 一方、日本の飼育係は、夏に大きな水移し、自然な方法で食べていけるようにする。

第二に、日本の鯉は、他の国の鯉よりも越冬に多くの時間を費やしている。 日本の飼育係は、鯉が冬眠を追いつくために池を温めていない。

一方、外国飼育係は、夏の温度まで池を温めて冬眠期間を省略する。 つまり、「冬季」は鯉の寿命を大幅に増やす。

要約すると、鯉の寿命はどれだけの世話かによって決まる。 適切な餌ときれいな池が鯉がどこから来たにかかわらず、鯉の寿命を延長する方法である。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!