Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]時には子供たちに「YES」と言う!肯定の答えが読み込むメリット

/
/
/

親が子供を保護することは正常である。 これ時には子供がほしいと思うも、「ダメ」という言葉をし反応する。 しかし、ややもするとこのような答えが習慣になれば、今後の子供に悪影響を与えることもできる。 時には子供に許諾の表示である「好き」または「それでもれ」という言葉は、するのもいい。

「ダメ」という回答は、敗北的な感じ呼んで

いくつかの状況では、親がないと言うのが否定や拒否、無力感、そして敗北感とも大きな関連性が表示されることができる。 一方なる言うことは許可や同意、受諾を意味する心地良い感じに伝達される。 実際にした研究では、MRI検査を通じ、脳がどのようにないとされての反応を理解して処理するかを詳細に説明する、特定の体の変化が検出されるという事実が発見された。

成人とまだ幼い子供たちが感じる方法は非常に似ている。 大人は、職場での自分よりも権威がある上司と自分の間に力の不均衡を経験する。 子供たちも同じように、自宅で親と子の関係の間の権威と影響を受け、コマンドの違いを感じている。 しかし、このような親と子の間の力の不均衡にも、正当な理由が存在する。 例えば、成熟し賢明な親は感情的に子供を保護し、物理的に安全に守り、正しい値を教えて責任を持つようにしてくれるものである。

適切な状況での「Yes」

ほとんどの親は、子供が欲しいものについてないと答える傾向がやや強いので、あまりこのような否定的な反応のみ偏らないためには、時々そうだと答えてくれることも重要である。 子供と同意した後、子供のニーズにイエスと言う習慣を開発しても変更できない絶対的な結果を読み込むことではない。 これは単にないと言う親のおなじみの習慣を変えるより多くの肯定的な要素を読み込むことができるものである。

たとえば、特定の時間の間にお菓子を全然食べないことのルールを緩和することができるものである。 厳格なルールに、時には余裕を残して、子供にデザートを食べることができるようにすること。 あるいは普段に割り当てられた時間よりも多くの友人との時間を送信するようにするのもよい。 これ門限を延長しなければならないという意味でなく、より早くお友達と会って時間を送れという意味で使用するのが賢明である。

しかし、このような肯定的の答えは時折使用するのが良い。 これ子供がいつ親が戻って自分に許しのメッセージを与えることができるか予想できないようにしなければならない。 これを守らずに、子供が何かを要求するたびに許可をすることは、親が決めたルールを破るようにする癖をかけることができる。 そして、このような予期しない好意は子供の普段の期待値を上げたり、自分の要求を受け入れてくれるだろうと考えるように作らなくて、さらに理想的である。

関係に肯定的に影響を与える「Yes」

即興的なのは、退屈なものよりもはるかに良い代替手段である。 子供たちが期待している日常的なルーチンを変えるこれほど良いことはない。 期待なかった肯定的な答えで子供に同意しながら、これらの即興的な機会をもたらしてみること。 これは子供たちに、より健康で、肯定的な環境を造成して、感情的および精神的健康にも寄与するようにすることができる。

子供は親がないと言うことをほとんど常に予想したりする。 これは子供の気持ちを落胆させて絶望的な状況に導くものである。 親の否定的な答えに慣れているため許可を要請しようとさえしていない場合があります。 そして、このような考え方は、親の応答を即座に予見しながらどのような期待も持つことができないようにする。

親がないと言うのが子供に与える影響を肉眼で容易に見ることができるわけではない。 しかし、これらの答えは、親の養育方式に含まれる要素であるため、巨視的に見ると、子供の成長にも影響を与えることができる。 これ時には肯定の答えとして、親と子供がより開放的なコミュニケーションを行うことができる機会を作るのも良い方法である。

成功子育ての要素

すべての視点をすべて考慮しながら子供にイエスあるいはNOと言うには、明確な境界を設定することができなければならない。 子供にイエスと言うことができる機会を積極的に探すのも重要である。 許可の応答は、親にとって子供にもっと共感して感情移入し、子供の立場で考えることができるようにしてくれる要素になることもある。

また、子どもの養育で私心なく子供を支持してサポートしているアプローチの重要性を理解することも必要である。 そして、これを実践するたびに、まず考えて一歩後ろに退くことができなければならない。 このように子供を扱って育てば、自然に自信と誇りは向上することができる。 そして、この子供たちが成長しながら、他のこれらどう扱うかについても肯定的な影響を与えることができる。 結局、時々子供に許可の応答を与えることは、子供の成功養育に優れた要素になることができるだろう。

一部の親は、これらのアプローチがあまりにも寛大な残りの子供に悪い影響を与えることを懸念することができる。 しかし、正と負の答えをすべき状況でバランスを維持して調節すれば、子供の精神的そして身体的発達と感情には害を及ぼさない。 むしろ肯定的な効果を見ることができて望ましい。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!