Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]未就学の子供が友達を作ることができるよう支援する方法

/
/
/
▲ソース=ピクサーベイ

初めて子供を幼稚園に送る親なら、子供が友達も付き合うことができずいじめにあわないかと心配がすることもできる。 さらに、子供が適切に友人を作る方法を学ばなかったか、本質的に一人でいる好きな性格であれば、さらに心配になるだろう。 したがって、親は子供がなるべく友達にいじめを受けないように社交性を教える必要がある。

米国テンプル大学教授であり、児童の早期教育研究のキャサリンハーシーパーセク(Kathryn Hirsh-Pasek)博士は、ある媒体とのインタビューを通じて「重要なのは、子供が必要とする「ツール」を持つことができるように支援すること」と述べた。 この基本的な「ツール」には、親が子供に教える「配っ」、「切除する」、「共感する」が含まれている。

ハーシーパーセク博士は「子供が同じ年頃の友達と親しく過ごすことができるよう支援するために、親は子供のような半子供と親しくなければならず、それらから子供同年代の子供たちがどのようなことを好きなのか知らなければならない」と助言した。

親は子供に「ジェームズと遊び場でボールを持って遊んの?」や「アニメと休み時間におやつを分けて食べた?」のように同じ年頃の友達と一緒にしたと思われる日常的な質問をしなさい。 その後、子供たちは「私は今日、ジェームズはなく、ジョンとおしゃべり」または「うん。 私はアニメやスナックを食べ、その子は私にピーナッツバターのサンドイッチを分けてくれた」のように同じ年頃の子供たちと一緒にした日常を聞かせてくれるのだ。

親は子供が誰と一緒に似合って遊ぶか、またはいくつかの子供の良い友達に過ごしているかを把握したら、彼らの友情を深めに作って与えるために子供の友達を家に招待してください。

しかし、友達とうまくいかずにひとりぼっちで過ごす子供たちももちろんある。 ハーシーパーセク博士は「このような場合には、親は子供の担任教師と相談しながら解決しなければなら心理的な問題があることを把握しなければならない」と述べた。 続いて「親は子供が友情を積む能力を高めることができるように努力しなければならない」と付け加えた。

最後にハーシーパーセク博士は「(子供が友達をできない付き合いも)あまりにも真剣に考えてはならない。 明日友達を作ることができる非常に良いチャンスが来るので、戻って変化させることができるだろう」と伝えた。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!