Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]水分保持が重要な幼児胃腸炎…原因と治療方法

/
/
/

胃腸炎は、乳幼児に重大な影響を与える深刻な病気の一つ、胃と小腸に炎症が生じて発生する。 ウイルス胃腸炎の場合、炎症がウイルスに感染して発生することを意味するが、多くの場合、嘔吐や下痢を伴う。 幼児の胃腸炎について調べてみよう。

幼児胃腸炎

胃腸炎は、消化管に影響を与える感染症では、病原菌が消化管を攻撃して、消化器系の炎症を起こすときに発生する。 これはすなわち、胃腸の機能障害を誘発させて胃腸炎につながる。

特に感染症は、胃から大腸に至るまで消化器官のすべての部分に影響を与えることができる。 無数の細菌やウイルスが赤ちゃんには感染を与えるものである。

胃腸炎引き起こすウイルス

ウイルス胃腸炎は、インフルエンザウイルスに誘発されない。 代わりにロタウイルスをはじめとする吐露ウイルス、アデノウイルス、カリ市ウイルス、およびアストロウイルスなど様々なウイルスによって引き起こされることができる。

このように、ウイルスだけで胃腸炎を起こす事例は、約75〜90%ほどで、ほとんど大部分を占めている。 その中でもロタウイルスは、世界的に胃腸炎の発症事例の主な原因とされる。 一方、ノロウイルスの場合、米国で胃腸炎の主な事例として挙げられる。 そして以外5%ほどは寄生虫によって発症する。

胃腸炎誘発要因

胃腸炎の主な病原体は、汚染された食品や水である。 また、母乳を赤ちゃんに比べて、他の様々な食品を摂取する赤ちゃんからさらに感染の危険が大きく発生する。 病原菌は、食品や水が感染した糞便と接触する場合、通常便を介して排泄される。

また、おもちゃやトイレなどの汚染された物も胃腸炎を引き起こすウイルスを運搬する役割をする。 ウイルスが数日間、これらの表面についたまま繁栄していること。 そして家族の中で誰かが胃腸炎にかかったまま、手も洗わずに、赤ちゃんのものに触れる場合感染することができる。 結論的に幼児が、これらすべての要因からの病原体もしくはウイルスに感染すると、すぐに病気の症状が現れる。

リスク

ウイルス胃腸炎は、しかし、非常に深刻な病気ではない。 ほとんどが病気にかかる場合でも、長期的な問題や副作用なく一定時間が経過するとすぐに回復されているのが普通である。 児童の場合、どのようなウイルスにかかったかによって回復速度が変わることがあります。

しかし、病気が引き起こす嘔吐や下痢による損失を置き換えるためには、十分な量の水を飲むことができなければならない。 そうでない場合、ややもする深刻な病気に発展することができる。 特に赤ちゃんやお年寄り、あるいは障害を持って自分で自分の世話をすることができないこれら脱水の危険性が高く、更に留意しなければならない。

免疫系が破損している人も健康な人よりも深刻な症状をアルウルことができる。 嘔吐や下痢が頻繁に繰り返されるものである。 これも脱水の危険につながることができる。 いくつかの症状がひどい場合は脱水症状を防ぐために、病院に入院しなければならない状況も発生する。

ウイルス胃腸炎の治療

児童や成人のウイルス性胃腸炎は、主に脱水症予防的に治療するのが一般的である。 脱水と水分が多く消失されることを意味するが、子供に腸炎の症状が表示されたら、親は医師に脱水を防ぐことができる方法を連絡し助言を得るのが良い。

だからといって水が常に十分な治療薬として使われることができるわけではない。 もちろん水は、それ自体で良いいくつかの例では、十分ではない場合があります。 例えば、水は、体が脱水される消失することができる塩や砂糖、ミネラルなどの電解質を置き換えることができないからである。 塩やミネラルを交換することができる飲料は、電解質溶液や口腔水分供給ソリューションなどで、薬局で購入が可能である。 また、いくつかのスポーツ飲料も電解質を交換する機能を持っている。 もちろん砂糖が多く含まれているが、ほとんどの学齢期の子供たちには大きな無理を与えない。

一方、牛乳は離れなければならない。 牛乳はややもすると胃腸炎を悪化させることができる。 他にも山に多く含まれている飲み物やカフェイン飲料も不快感を引き起こす可能性があり、避けることが望ましい。

そして、このように水と各種電解質が含有された飲料を与えるときは、あまりにも早く入らないようにするのが良い。 あまりにも早く体内に吸収されると嘔吐を悪化させることができ、可能なゆっくり飲むようにしなければならない。 最良の方法は、ティースプーンですべての4〜5分ごとに供給だ。

食べ物もゆっくり食べるように調節しなければならない。 一度飲料のみ与えながら好転を見せる、以降の食品を追加供給するように、バナナやパン、米、アップルソースやトーストなどの柔らかい食品にしようとするのがよい。 面が入ったチキンスープやクッキーもよい。 そして徐々に状態が良くなれば以後の調理された肉や野菜を与えればされる。 しかし、揚げ物や辛い食べ物、油が多かったり酸味のある食品は、当分の間、摂取してはならない。

治療期間は、医薬品もスキップが良い。 処方箋なしで購入できる薬を買って服用しなければならない気もするが、胃腸炎は、最終的には、時間が経てば次第に解決されることができる。 ほとんどの薬はまた、状態をさらに悪化させるリスク多である。 嘔吐や下痢で体は体内のすべてのものを削除し、感染と戦う。 このプロセスを薬物で中断させずに十分な水分保持を介して自ら治癒するようにすることが望ましい。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!