Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]水泳、幼い頃から学ばなければならない理由?

/
/
/
▲幼い頃から学ぶ水泳は、長期的に大きな効果をもたらす(写真=ⓒウィキメディアコモンズ)

赤ちゃんには細心の活発に優れ遊びながら多彩な経験にさらされることができるようしなければならない。 この時の感覚を刺激するおもちゃや学習の開発に役立つ遊びが重要である。 しかし、その後歩く段階に入ると、適切な活動を融合させ、より積極的な効果を追求するのが良い。 その中の一つがまさに水泳に、水泳は幼い頃から身につける生涯有益な結果をもたらすことができる。 赤ちゃんと一緒に学ぶ水泳の利点を公開する。

親-子供の間連帯感を強化

水泳は、親と子の絆の強化に大きな貢献をする。 親が一緒にプールで赤ちゃんを抱いてじわじわ水泳をすると物理的な接触が自然になり、これによる粘着性の関係が形成されていること。 これらの物理的な接触の毎分は絆の強化につながり、赤ちゃんが親をより快適で元受ける存在であると考えハゲクムする。

自然反射能力促進

赤ちゃんは、実際に生まれてすぐに自然な反射反応を見せる。 例えば足値の行動である。 しかし、6ヶ月程度になると、これらの反射能力はすぐに消えるが、水泳は自然にこのような能力を開発させる大きな助けになることができる。 水泳自体が水の表面に浮いている必要がありますので、足車の反射作用は水泳をしながら、さらに大幅に向上することができる。 これ赤ちゃんが水の上に適切に浮いようにしたり、あるいは親に戻るように蹴る反射作用を持続することができるようにする。

身体の健康にプラス

水泳はまた、赤ちゃんの体によさを与える非常に柔らかい方式の運動の中の一つだ。 赤ちゃんの肺と筋肉、心臓、およびその他の重要な器官を開発し、強化させてくれるからで、肺が水中運動にさらされるため、適切な呼吸とより長い体力を維持することができる。 また、くいしばり、または何かをキャッチ能力も役立ち、消化器系の促進にも有効である。 また、水泳は、最大300カロリーまで燃焼させることができ、赤ちゃんが太りすぎや肥満に悩まさず健康的な体重を維持することができるように手助けする。

溺死、その他の事故防止

夏になると、ビーチやプールで発生する溺死事件でにぎわっている。 しかし、幼い頃から水泳をきちんと学んでおけば、このような心配から逃れることができる。 親が常に横から慎重に見守る必要も少なくなる。 赤ちゃんが自分で水の上浮かんでスキルを既に身につけたためだ。 ただ親はムルサルが速くなく水深が深くないところで赤ちゃんが泳ぐ楽しむようにしなければならない。 赤ちゃんが泳ぐにある程度慣れているとしても、まだ体調が完璧な成人ではないので、自分の体を聞い上げる苦手ことができる。 これはややもすると溺死につながることができ、親がそばで注意深く見守るのが良い。

▲赤ちゃんの時の学習の水泳は、親との絆の強化と物理的および精神的な健康の向上に役立つ(写真=ⓒピクサーベイ)

精神的健康の促進

身体の健康だけでなく、水泳は精神的健康にも大きな助けを与える。 認知能力と精神発達に効果的であるばかりか、赤ちゃんが泳ぐ講師や親の指導に慣れながら、これに伴う理解と精神力の向上にも肯定的な影響を与えるからである。 実際、ドイツで行われた研究によると、幼い頃水泳を学んだ子供たちは仲間より高度の社会技術、運動発達、高知能レベルを持つことが分かった。

また、早い時期に泳ぐ学ぶ子供は同年代より約6〜15ヶ月程度をより先に行くことが観察された。 特に学校生活を始める頃には、言語と計算する、指示に従うこと、基本的な数学などの分野で優れた能力を示すことが分かった。

身体調整能力の向上

水泳は五感を刺激して、赤ちゃんの肉体と精神の技術を調整する役割もする。 これは、赤ちゃんが泳ぐながら接するようにされている肌触りと視覚、聴覚、そして嗅覚と味覚が脳の活動との反応を向上させるという意味だ。 他にもバランスと運動能力の向上にも寄与する。 ノルウェーの科学技術大学が2009年に行われた研究では、水泳に精通している赤ちゃんが、そうでない赤ちゃんに比べてバランスがよく取れており、物も簡単につかむことができることが分かった。

自信を持って改善

いくつかの子供たちは、水が怖いのプールによく行こうとしないことができる。 まだ水の中に入る環境に慣れていないどのように動くのかよくわからないから。 これ恐怖と心配が先んじることができる。 しかし、いったん開始してから数ヶ月ほど経過した後は、以前の恐怖はすでに消えてむしろ水泳をよりよく楽しむ姿を発見することができる。 水泳をしながら恐怖が克服され、自信を持っては向上したためである。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!