Hit enter after type your search item
JP-Moontore

Discover the Magic of JP-Moontore: Where Memories are Made

[子育て]泣いて群れ書く子供しつけ、受容と理解がカギ

/
/
/
728 Views

子供の誤りをホンネルときの言葉を十分に聞いてくれ理解しようとする努力が重要である。 子供たちは時折関心を集めてパーティわざわざ悪い行動を阻止をもある。

子供の過ちを理解しよう

悪い行動をすることは、すべての子供から現れる自然な行動だ。 ため意図しない子供の行動が親を怒らせることができる。 大人は、常に子供が成長していくより悪くならないと言う事実のすべての子供の頃は似ている。

イリノイ州立大学の研究者たちは、現世代の子供たちは、親の過剰なスマートフォンの使用とTV視聴のための行動の問題を抱えていると信じて、この現象を「テクノ議ス(Technoference)」と呼ぶ。

研究者たちは、「テクノ議ス」をテクノロジー機器で日々生じる干渉と妨害と定義した。

彼らは親と子の間に、これらの機器の干渉が子供に△不満△過多活動△むずかっ感△ブルツンする△イライラなどの行動を誘発すると主張した。 この研究では、親と子の間、個人絆が子供の正しい行動に重要な役割をするということを見せてくれた。

大人と同じように子供たちは、空腹、または寂しい時、あるいはうんざり退屈するとき腹を立て、足のものを蹴ったり音を出し、これを表現する。 ミシガン州立大学のウェブサイトには、経験していなかった問題の解決に困難を経験する子供について教えてくれる。 彼らは私たちに、自分たちが知らないことについて指導してもらいたいので、腹を私の注意を誘導しようとするものである。

子供が聞いて続く作れ

子供しつけはベテラン親にも難しいことである。 時には子供のせいでは我慢できない音を上げたり、加速子供の行動を修正しようとしている。

しかし、親は子供がわざわざ悪い行動をコミットていないことを認識しなければならない。 音上げたり打ち上げ付ける前に「アイリッシュイグゼミノ(The Irish Examiner)」が提示するしつけ方法を見てみましょう。

1.収容しろ

親はしばらく時間を持って、子供が経験しているかもしれない状況について知りたい努力する。 ジュリールワイアップデート心理学者は、「最終的に子供の話を聞いてくれるのが、あなたの言葉をよりよく聞くようにする方法」と主張した。

2.限界を決めよう

親は落ち着いて断固とした声でならないと言うことができなければならない。 子供が欲しいものをどんどん入ってあげるみると、子供を台無しにすることができる。 また、子供が自分の周りに起こることを正確に認識することができないことを知るべきである。 彼らにならないと言うときの理由をこう説明してくれることが望ましい。

3.トラブルシューティング支援

子供が自分で問題を解決できるように教えなければならない。 しかし、問題を解決しながら、親がその場で問題を解決する手助けと確信を与えなければならない。

また、大人として子供に必ずしなければすることを知っておくことも重要である。

親は子供に謝罪するときに知るべきである。 大人も完璧ではない。 大人もミスをして誤った行動をすることができる。 もし間違いなら謝罪することができなければならない。 さらに、親は子供を扱うときに精神的にも身体的に快適でなければならない。 ストレスは、神経をより攻撃的して子供に声上げる触媒になるかもしれないからである。

そして、もしまだ怒っている自分を抑えことができない場合は、一人だけの時間を持ってみましょう。 自分を落ち着かせ、心と体を収拾なければならない。 これは、適切な意思決定をすることができるように助け怪物のような親になることを避けることができる。 子供と楽しい時間を過ごす方法を学び、より理解しコミュニケーションする親になろう。

This div height required for enabling the sticky sidebar
JP-Moontore
Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :