Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]泣く子、食品に癒し面太り過ぎのリスク↑

/
/
/

子供が泣いてボチェルときなだめるような方法は多様である。 おもちゃを握らせ、テレビをつけてくれたりしオルゴなでなる。

一部の親は、このような状況を食べることで解決する。 子供たちは食べることの前に注意が気晴らしになって泣いてなく、食べ物に集中するため、かなりの効果がある。 しかし、研究によると、このような方法が子供をなだめるような良い方法ではない。

研究者は、生後6ヶ月の子供の一歳になるまで観察した結果、親が食べるものを使って子供を落ち着かせるか、本当にさせた場合、過体重になるという研究結果を導出した。

シンシアスティッフから人間開発と心理学教授は、「なだめるような手段で食事を提供された子供は空腹時にのみ食べることを与えた子供比較した場合の楽しみのために食べる習慣に飼いならされた」とし「ボチェヌン子供には食べ物が補償手段に変質されたもの」と述べた。

彼は続いて「このような子供は食べたいという思いが例えば泣いたり群れを書く方法で食べ物を得ることができるということを認識する」と付け加えた。

結局、食べること、子供を静める育児方法が子供の体重とボディマス指数の増加につながることができるというものである。 また、子供の行動に影響を与える親の食事法の研究結果も出ている。

研究者は、160人の母親たちに3日間子供が泣くたびに子供をなだめるためにどのような行動をするのか記録することを要請した。 また、親と研究者の観察を通じた子供の気質も研究に参照した。 子供の怒りや恐怖、悲しみ、その他の活動などが記録され、初めて見るものや人の子供の反応も分析した。

1年後、研究者は、親が食べ物になだめ子供はそうでない子供に比べて体重が多くていくという事実を発見した。

スティッフから教授は「子供の気質が親の育児方法にいくつかの影響を与える」とし「子供が困難な場合ほど、親が食べ物に依存する傾向がある。 これは結局、太り過ぎの危険につながる」と説明した。

子供をなだめるような方法は?

親は子供の気質を理解する教育プログラムに参加するのがよい。 教育を通じて子供が空腹時に見える信号を知って、正しい時刻に食べ物を与えることを学ぶならない。

子供の気持ちが傷ついたはずときに食べるものを使用していなくても、なだめることができるいくつかの方法を見てみましょう。

子供の気持ちが良くて動作がある。 子供を抱いて振動を燃やしたよう前後に振る動作をすると、子供たちはリズムに集中するため、なだめるようなのに有用である。

または振動する物体を使用して、子供の関心を引くことができる。 食器洗浄機や乾燥機の横や上に子どもを座らせるのも方法である。 しかし、この時は子供の安全に注意を払う必要があります。

ベビーカーを使って散歩をしていくことも、子供を寝かせたり、落ち着かせるのに役立ちます。 また、泣く子をブランケットに包む方法も効果がある。 お母さんの子宮は暖かく快適な場所だったので、子供たちはそれに似環境を望んでいる。 毛布で包んだ子供たちはすぐに眠りにつくことができる。

周囲に若干のノイズを維持するのもいい。 ファンや掃除機の騒音は、子供をなだめるような効果がある。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!