Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]火星植民地の建設を妨害する最大の課題は、人類の繁殖

/
/
/
写真:ピクサーベイ

人類が宇宙、その中でも特に火星に植民地を建設することができるかに関心が高まっているが、地球外の環境で、人類の繁殖がどのように行われるかについては何も知られていない状態である。

専門家は、人類が建設した地球外植民地で生まれた新生児が外界の環境でどのように育つことができるかについて、まだ答えを出せずにいる。

この問題についての知識が全くないという点は、エイリアンの惑星に人類が生きていくの生息地を建てることをより困難にする。

これに対して、ジョージ・ワシントン台医学の健康学部緊急事態部門に所属准教授であるクリス・レンハルトはエイリアンの惑星に永久持続用植民地を建設する必要な外界からの人間の成長と繁殖がどのように行われるかについての情報が足りないと言う。

人類が宇宙、その中でも特に火星に植民地を建設することができるかに関心が高まっているが、地球外の環境で、人類の繁殖がどのように行われるかについては何も知られていない状態である。

レンハルトは、5月16日に「発射台の上で深宇宙での帰還」というタイトルで開催されたインターネット生放送のパネルディスカッションの席で、「人間の生殖器官が宇宙環境にどのように適応するかについてだけでなく、人類が地球を離れて外国人の惑星に滞在するには、いや植民地を建設

し、その場所に、人類を存続させることについて話しているのであれば、これを可能にするには、外界の植民地で赤ちゃんを産むことが不可欠である。 率直に言えば、この部分に関する研究は、これまで、その必要性が大きくないので、行われたところが全くない」と述べた。

また、「しかし、もし私たちが宇宙旅行をする種族に生まれ変わると地球外の環境で永遠に生きることを夢見るなら、これは必ずしもよく見なければする必要がある重大な問題だ」と付け加えた。

地球を離れて外界の環境で繁殖をすることについての科学的な研究がなされたところ全くない。 先日、日本のある研究チームが、国際宇宙ステーションでの9ヶ月間凍らされた状態で保管しておいたマウスの精子を用いて健康な子が生まれた明らかにしたことがある。

日本で行われたこの実験と研究の結果は、最初に考えていたかのように、比較的有害なコピー数値がより高い宇宙環境が出産に限定的な影響を与えるものではないことを示唆している。

国際宇宙ステーションから凍結状態で保管されたラットの精子生まれ胚は、地球で培養された。 レンハルトは、人間の胚が深い宇宙、軌道、火星での微々たる重力、特に火星の重力は地球の38パーセントにしかならないのに、地球外のこのような環境の中で生き残ることができるかについては、ミステリーと述べた。

写真:ネジ/ウィキメディア

レンハルトは「重力が微々たる宇宙環境や惑星から赤ちゃんが生まれた場合は、子供がどのように育つかについて、私たちは知っているところがない」と述べた。

これらの子供たちの骨が地球に住んでいる一般の人々の骨のように育つか、他の惑星で生まれた子供が地球に来たときに適切に立つ数やかどうかのような質問は、考えてみる価値があるものであり、同じ線で提起することができる疑問は無限に存在する。

レンハルトは火星で生まれ育った子供たちが地球人とは大きく異なる姿をしているものであり、これは人類の歴史に一線を画すものになると主張する。

世界中の多くの宇宙当局と民間企業は、数年の間に火星に植民地を建設することを夢見てきた。

最近このような願いを現実化するための努力が進行中であり、科学者たち有人宇宙船を火星に送る計画を立てている。

科学者たちは、人類の火星ミッションを実現化するにはすることができず、多くの障害が存在するが、非常に多くの数の研究と実験が行われて遅いが確実に大小の問題を解決していきていると明らかにした。 これらの大小の問題には、居住地の建設着陸場所

選定に必要なすべての考慮事項が含まれる。

人類の繁殖に関連する問題は、以前にも議論されたことがあるが、この問題はまだ研究が行われていないいくつかの分野の一つとしながらこれに対して集中的に注目した。

レンハルトは、この問題について「宇宙からの人間の繁殖活動がどのように行われるかについては、私たちが全く知らないものの一つだ」と述べた。

人類が月に植民地を建設し、地球を離れたところ居住地を形成することに決めたが、多くの人々が見落としているのは、他の惑星に住んでいる人類が地球人とどのように違う姿をしているかである。

他の惑星で生まれるこれらの地球とは全く異なる環境で育ってあり、他の方法で展開する。

これは、人間の身体の発達が成長するのに必要なものとの関連性が高いということに関連している。 言い換えると、一人の人間が身体の発達と成熟を成し遂げるのに、実際に必要なものは進化の厳格な基準をが押さなくても、環境に適応するものと認識されることができる。

現在提起されている懸念は、火星で生まれ育つ人類が他の重力、他の程度の太陽光条も、その他様々な他の要素が作用する環境で育つことだろう。

研究者は、地球外の環境で行われる人間の出産が胚が成長する過程で、骨の発達がどのように行われるのか、そして他の知られていない他の様々な

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!