Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]犬と一緒に育った子供たちは、喘息のリスク低下

/
/
/
▲ソース=ピクサーベイ

最近の研究によると、犬と一緒に育った子供は、喘息にかかる危険性が低いとする。 一方、猫を育てれば、喘息のリスクが増加した。

英国インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究者が行った調査結果によると、子供の年齢に本にさらされた子どもたちは、後で喘息をアルウル可能性が少なく、猫にさらされた子供は、喘息のリスクが高かった。

研究を率いたシルビアコリーノ博士はチョンミョンウムを出した子供を対象に追跡観察した結果、犬を育てた子供たちが、後の喘息にかかる可能性が低かったと伝えた。

コリーシノは犬を所有することが喘息のリスクを減少させることができる理由を把握するため、さらなる研究が必要であると述べたが、以前の研究で、すでに犬の喘息の症状を緩和するのに役立つ細菌を移すという事実が立証れている。

コリーシノの研究では、千人を訴えた子供たちの健康状態は、喘息につながるリスクを確認するためのものだった。

研究結果子供が20歳になった時、喘息が発生するかどうかを予測するためのいくつかの要因が発見された。

コリーノは「例えば、幼年期に人の症状とアトピー性皮膚炎を示した子供は、似たような年台に人がいたが、アトピー性皮膚炎は、なかった子供に比べて20歳になった時、喘息にかかる確率が75%以上高かった」と伝えた。

潜在的に喘息を引き起こす可能性がある他の危険因子には、ダニアレルギー、5歳までの喘息および花粉症の診断、親のアレルギー病歴および猫アレルギーなどがある。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!