Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]男の子は泣くならない?.. “感情表出抑制時うつ病のリスク高く”

/
/
/
▲泣いている男の子(出典=パブリックドメインピクチャーズ)

男は生まれ三回泣くという言葉のように男の子は強く育てないという認識が強い。 このようなユクアボプは正しいか? 泣くのを禁止された男の子は、どのような方法で感情を表出することができるだろうか?

泣いても大丈夫

英国の臨床心理学者ツェナービブ本ロブ博士は「親が男の子に泣いても大丈夫だと教えなければ、子供が自分の感情を億押すされ、成熟し、健全な方法で自分自身を扱うことを学んないだろう」とし「結局、他人と交感することができる能力との関係、精神的健康面で最悪の結果が表示されるだろう」と説明した。

▲泣いている子供(出典=ピクサーベイ)

泣き、健康で自然な感情反応

本ロブ博士は「現代社会の男性は、自分の悲しみを公に表現しないように教育受けており、それらの感情を導くことができる十分な役割モデルが不足している」と指摘した。 これは、親が息子の成長のために叫ぶことはいいですし、健康で自然な感情表現と続き、上記なければならないということを意味する。 したがって、親は息子に泣いてストレスを解消するように教えなければならないというものである。

研究者は、人々が悲しい時に流す涙を研究した。 涙は、ストレスホルモンを排出し、身体が生成する天然鎮痛剤ロイシンエンケファリンを排出できるようにしてくれる研究結果を導出した。

男の子は思春期が来る前うつ病にかかる危険性が高い

ケンタッキー大学発達心理学者クリスティーナS.ブラウン博士は、人の子供が、時には悲しい感情をさらによく感じると述べた。 ブラウン博士は一瞬悲しい感情が挙げられるが、これは自然な現象だと説明した。 したがって男の子に悲しみを表現することは良くないと教えると、男の子が女の子よりもうつ病にかかる可能性が高くなるということだ。

親密形成阻害

作家スーザン・モリスシェーファーとリンダ・ペリーが、ゴードンは、親と子が交感できるようにいくつかの方法を見つける必要がありと述べた。 子供が会話をしようとしていない場合、親は息子を完全に知らないからである。 シェーファーとゴードンは男の子が言葉をよくしようとしていないので、親しみが形成されず、これは感情的な成長を阻害すると説明した。 その結果、親は息子の一部を継続分からないまま生きている。

したがって、親が話を少なくしてよく聞くなら、子供は親に近づくだろう。

▲お互いに会話している父と息子(出典=ピクサーベイ)

男の子は感情を怒りに表出する

ブラウン博士は、親が息子に泣かないようにしたり、悲しい感情を表現しないように教えると、感情を蒸発するんので、攻撃性を見られると説明した。 これは男の子に許容可能なアクションが怒りの形だからである。

男の子が怒りを表出することが泣くより快適だと思うなら、生産的な方法で怒りを管理することができる方法を教えなければならない。 例えば、しばらく周りを走るようにしたり、数分間の休憩時間を持つようにするものである。 本ロブ博士は、親が息子を尊重する方法を教えなければならないと述べた。

ロールモデルとしての親

親が息子を感情的に健康な子供でキオギルたい場合は、子供のための役割モデルにならなければならない。 つまり、子供は親の言うことよりも、行動する姿を見て学ぶため、親がまず自分の感情を大事にする必要があるということだ。

そのため、子供に泣く姿を見せて泣き、通常の反応であることを知る必要があるという意味だ。

失望や悲しい状況に反応して、子供が涙を見せるのは弱点ではなく、強みになることがあります。 すべての感情に直面することができる容器があるからだ。

家庭の役割モデルをしてくれることができる父が不在であればどうしよう? 本ロブ博士は「メンター」を作成する必要があると述べた。 貸付け金や継父、祖父、叔父などが男の子のメンターになることがあります。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!