Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]男性の精子数の減少…人類絶滅の危機に処することができる

/
/
/
写真出処:ピクサーベイ

した人類学者が最近185編の研究論文を検討した結果、現在の精子の数が減少しており、これによって、人類は絶滅の危機にさらされるかもしれないという結論を得た。

過去40年間、ヨーロッパ、オーストラリア、北米地域の男性の精子の数が50%も減少した。

これらの面が続けば、人類は絶滅を迎えるかもしれないが、これらの発表を公開したその人類学者の考えだ。

彼は「私たちが現在生きていく方法と、環境露出されている化学物質等の原因を変えなければ、今後、将来的にどのようなことが発生するかはなはだ心配になる」とし、現在の人類が繁殖に関連する問題を抱えており、これは人類滅亡を意味するかもしれないと述べた。

しかし南米、アジア、アフリカでは、これらの精子数の減少が表示されなかった。 これは、その地域で十分な研究がまだ行われていなかったからだと人類学者は推測した。

今回の研究では、精子の数が急速に減少したことを示す最近のものだが、いくつかの研究に使用されたデータが正確でない可能性もあると言う。

その例として、当該研究は、不妊クリニックで収集したサンプルを研究資料として使用し、不妊クリニックを男性の場合、精子の数を持っている場合が多い。

問題を提起するこれらはまた、以前に行われた研究では、精子の数を不正確に数える方法を使用して、結果が誇張されたと主張する。

これに対しては、研究を進めた研究者は、これらの問題点も念頭に置いて研究を進めたと発表した。

英国シェフィールド代の研究者は、過去数年間、人間の精子の数が減少したといういくつかの論文が主張するところは全く説得力がないが、最近の行われた今回の研究では、過去の研究の欠点がたくさん克服されたと発表した。

今回の研究で精子の数が減ったことの正確な理由は見つかりませんでしたが、過去の行われた研究は、その原因として、殺虫剤、プラスチック、肥満、喫煙、ストレス、TVなどがあると述べた。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!